本当に他店よりも高くしても売れるんですか?という質問について

「他店よりも高く売る努力をしましょう」

私はよくそう言っています。
すると「本当にそんなことをして売れるんですか?」と聞かれる事があります。
もちろんただ高くしただけで売れるわけは無いですから、売れる努力をすることが必要だと伝えています。

今日は私の経験談を交えながら、具体的な考え方を述べたいと思います。

 

先日、またもやYahooショッピングで買い物をしました。

最近靴磨きに凝り始めて、靴磨き用のクリームを買ったんです。
「サフィール ノワール クレム 1925」という靴クリームです。

800__10100701

Yahooショッピングを選んだ理由は「ポイント」が貯まったから。
これ以外の何でもありません。

さらに、買ったお店を選んだ理由は「送料無料」だったからです。

私はクライアントに向けて、お客様の購買心理を話すことがあります。
でも、当の私自身は安易に「ポイント」や「送料無料」というものにお得感を感じてしまった訳です。
もちろん商品代金も含めた合計支払額が他店よりも安かったのは言うまでもありません。

まぁ消費者というのはこういうものです。
自分にとって有益なお店で買い物をする。
これはどんな人でも同じです。

消費者の意識を変える事はできません。
同じ商品を並べて、安いお店と高いお店があれば〝恩義”があるとか〝知り合い”であるとか〝特別な理由”でも無い限り「安い方」を選びます。

多くのお店があって、その中で選んでもらう。
その理由が「価格」や「送料」そして「支払総額」になった時には「安い方」が勝つのは当たり前の事ですから。

色んな情報を書く。
詳しい写真をたくさん掲載する。
お客様の声を集める。

そんなことをいくらやろうと、最終的に情報だけ見て

「有益な情報をありがとう!でも買うのは他の安いお店だよ。ゴメンね!」

って言われてしまったらバカバカしくて、結局は安くすることが最良の策のように思えてきます。

ここで考えなければいけないのは、やはり自分のお店が「その程度」でしか見られていないという事です。

だから上に書いた
〝恩義”があるとか〝知り合い”といった〝特別な理由”でも無い限り
という事が重要になってくると思うんです。

あなたのお店はお客様にとって〝恩義”を感じることがあるか。

あなたはお客様と〝知り合い”と言えるだけの存在か。

買いたくなる何か〝特別な理由”があるのか。

これに近い感覚をお客様が持ったとき、初めて価格以外の部分で見てくれるんだと思います。
そのようなお客様を増やす努力をして「他店より高くても買いたい」というお客様が現れるんだと思います。

価格競争をしたくない。
高くても買ってくれるお客様を増やしたい。

そう思うのならそれなりの努力をしなければなりません。

それを可能にするツールが「ブログ」であったり「SNS」であると思うのです。

ブログを書いても無駄。
SNSをやっても売れない。

そう思うのは勝手です。
やらなくてもいいと思います。
そんなことをするよりも、どのお店よりも安くして、どのお店よりも多くポイントを付けて宣伝すれば売れます。

他店よりも高く売りたい。
価格競争をしたくない。

そんな人たちだけがやればいい。
そう思います。

関連記事

pic_a028

無料相談は残り1件で受付終了です

こんにちは、森です。 今日からお盆休みの方も多いと思いますが、ECサイトを運営されている方にと

記事を読む

img_1121_1

あなたのお店が300万円を超えない理由

ある程度長くショップを見ているとこんなケースが多い事に気づきます。 特別な事をやってもやらなく

記事を読む

titicart_main_n

【事例】 伝わるサムネイル画像3つの実例 【父の日編】

皆さんは楽天市場内で商品を検索した事があると思います。 先日の記事で 「父の日」

記事を読む

imasia_16012691_S-640x426

商品ページで「人の心を動かす」2つの要素

最近の1か月の人気記事を紹介します。 4/4の記事 今すぐ商品タイトルを変えると1か月後には

記事を読む

a0002_010302

お客様からよくある「自分の責任ではない場合」のクレーム対応

ネットショップを運営していると、避けて通れないのがお客様からのクレームです。 クレームといって

記事を読む

ga-dennparty

【相談事例】中古商品の売り上げアップ方法ってありますか?

ブランド品買取のタマさんのサイトより 先日相談いただいた事例の紹介です。 サイトを見ると一見

記事を読む

img-1596-1

SEOが先か、ページの充実が先か

今回と同じような記事が以前にもあったと思いますが、いつも思っている事を改めて書きます。 このブ

記事を読む

E1372296905082_1

自分が嬉しいと思う事を付加価値とすると選んでもらいやすい

「販売している商品をただ並べているだけでは売れません」 ネットショップの基本をお話しす

記事を読む

ex_002

本当に商品ページは縦長にすると買ってもらえるのか?

楽天市場のショップを見ると目につくのが やたらとスクロールが必要になるような 「超縦長の商品

記事を読む

imgrc0066498013

今まで買ってくれた事のあるお客様に他の商品を買ってもらう方法

昨日のコンサルティングでの話です。 これまでに良く売れた商品がある。 でもその商品を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>






  • 買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)
    メールアドレス
    Powered by メール配信システム オレンジメール
  • 平日9時~17時 土日祝休業

    ◆お電話でのお問い合わせ
    0745-76-2227
    ◆お急ぎの場合は携帯電話にどうぞ
    090-1890-1364 (着信いただければ折り返します)


  • ◆スタジオパス 森美明(モリヨシアキ)
    所在地:〒639-0225 奈良県香芝市瓦口2205-303
    オンラインショップで月商最低100万円以上を目指すコンサルティングを行います。皆さん、一緒に頑張っていきましょう!→詳しくはこちらから
IMG_9712
【まだ間に合う!】楽天市場のhttps化は手作業でやろう!そうするとお店に○○が!

弱小ネットショップ脱出コンサルタントの森です! ↑色々と変えてま

IMG_0467
人のふり見て我がふり直せ!「悪いレビューの活用」で弱小ショップでも売れるネットショップへ

昨日のブログでお知らせしたように、今ネットショップを作っている最中です

IMG_9705
楽天市場1社に頼らない売り上げを作る

自社サイトで売る!ネットショップコンサルの森です。 最近色々とバ

スクリーンショット 2017-06-16 10.53.48
新しいTwitterアカウントを作りました!

一日一善!ネットショップコンサルタント森です!! 今日、思い立っ

show_img
「打ちそうな野球選手」「美味しそうな料理」そして「売れていそうなお店」

見た目で判断してはいけない。 中身で勝負。 長く付き合えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑