あなたが売れるまでにやらなければいけない3つの事<その3>

NewImage54

こんにちは!

家族経営で月商300万円越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

 

昔、サラリーマンをやっていたころの話です。

その会社は「OA機器」を販売していました。主力商品は「コピー機」や「印刷機」です。

僕はその会社で色々と所属先が変わり、一番長くやったのが「営業」でした。営業マンとして「1台でも多くのOA機器を売る」事が仕事であり、そこで「1円でも多くの売上、利益を上げる」者が優秀な営業マンと理解していました。

毎日まいにち悪戦苦闘し、罵声を浴びせられながらも営業活動をしていたある日の営業会議での場面で僕は耳を疑いました。

社長が開口一番「機械を売る事で利益を出すよりも、消耗品が売れ続ける事の方が嬉しい」と言い出したんです。

僕らの扱っている商品単価は数十万円から数百万円の商品。そしてその利益額も、少なくても数万円で多ければ100万円以上稼ぐ。

それなのに、数百円~数千円にしかならないインクや、コピートナーが売れる事の方が嬉しいと。

当時の営業マン連中は声を揃えて「やってられん!」となったんです。その時のことは今も何故か鮮明に覚えています。

 

それから20年近くの年月が経ち、自分が思う事があります。

「あの時、社長が言ったことは正しい」という事です。

 

何が正しいのか?というと

いつ売れるかわからない「数十万、数百万の利益」と毎日のように確実に売れていく「数百円、数千円の利益」がある。

両輪としてどちらもドンドン上がればそれは良い事だと思います。
でも、売り上げには波がある。いい時もあれば悪い時もあります。

その悪い時助けてくれるのが「毎日勝手に売れていく」という事実。

 

何年経っても僕の中で、当時バブルが崩壊してOA機器も思うように売れなくなってきた時代に社長が切実な思いで口にした言葉がよみがえってきます。

 

僕が商売をする人にいつも勧めるのは「消耗品」のようなリピートを生む商品を併せて売ることです。

無くなると困るものを商品として想定します。

そんな商品を最初から用意することです。

【家電系の商品を販売】

コピー機の場合 + 「専用トナー」「コピー用紙」「メンテナンス」

プリンターの場合 + 「専用インク」「各種用紙」「メンテナンス」

エスプレッソマシン + 「専用コーヒー豆」「水」「メンテナンス」

その他消耗品を伴わない家電 + 「長期修理保証」

【技術系の商品を販売】

WEBサイト制作 + 「保守費用」「サーバー費用」「コンサルティング」

革製品 + 「メンテナンス用品」「修理費用」

サロン運営 + 「タオル」「マッサージオイル」

その他消耗品を伴わないサービス + 「長期メンテナンス保証」

 

一度売れてしまえば、それ以降自動的に売れていく仕組みを組み込むことで、利益を生む柱はそれだけで2本になりますよね。

出来ればそのような商品が「3アイテム」あればかなりお店としては良い感じになっていきます。

不可能なら1アイテムでも良いから、何か関連する商品で「消耗品」や「リピート」を生み出しやすいものを考えていきましょう。

 

売りたい商品を売るのは良い事ですが、商品選びは絶対に将来を左右するものになります。

今からでも間に合います。

あなたが売れるまでに考えてほしい事です。

 

3日間にわたって書いた

あなたが売れるまでにやらなければいけない3つの事

自分の過去の体験も交えて書いてみましたがいかかでしたか?

参考になった方も、そうでなかった方も、これからの運営に少しでもヒントになればうれしいです。

 

しかし、、、、、

大変申し訳ありません。

実はもう一つだけ書きたい事があります。

本当は2番目に書きたいと思っていたことですが、色々とネタが出てきてしまって後回ししたために書けなくなってしまいました。

 

せっかくなので続きは「メールマガジン」で書いてみたいと思います。

今日の夕方4時以降に配信します。

読んでみたい方は登録してくださいね!


【ネットショップ売上アップの道】
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら(電話料金負担のためこちらから折り返します)

直通電話
090-1890-1364
(電話料金負担のためこちらから折り返します)

メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)


【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

関連記事

130810decision-thumb-640x360-62918

楽天市場を選ばないという選択肢

あなたのお店は楽天市場ではなかなか売れない可能性があります。 例えばこんな場合です。 1

記事を読む

fathersday2

1回の買い物に2人のお客様がいる場合の考え方

  買い物をするお客様の側が1商品につき2人存在する場合があります。

記事を読む

1451

【楽天市場】ネットショップで欠品を出すということは、どういう事なのかを考える

こんにちは! 家族経営で300万越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

記事を読む

securedownload (1)

接する人との「共通点」が多いほど前向きに進んでいきやすい理由

こんにちは! 家族経営で300万越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

記事を読む

image

ネットショップだけが上手くいかないのではなく商売がうまく行っていないと考える

自分のやっている仕事がネットショップだから、ネットショップについて勉強する。 これは正しい。

記事を読む

コンピューターを見る女性

6ヶ月で売上が2倍になるって考えたらワクワクしませんか?!

楽天市場の売上が芳しくなかった11月 月が変わった12月はキャンペーンの目白押し。

記事を読む

sns

あなたのお店がSNSをやるべき理由

2013年5月の博報堂のデータがあります。 以下の表を見て下さい。  

記事を読む

ギズモード・ジャパン

本当の「売れる商品ページ」にするための考え方とは

皆さんは「売れる商品ページ」というとどんなものを想像しますか? 楽天市場を例に挙げると、よくあ

記事を読む

20100626_1528476

楽天市場で集客する為には楽天内で集客するべきか?

こんにちは、森です。 宣伝の方法を考えて見ましょう 実際にお店を開店するとします。インターネット

記事を読む

o0400030012407681717

写真で欲しくなることって結構多いですよね

こんにちは。 ホームページ集客アドバイザーの森です。 最近僕が携わっているお客様で 楽天市

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 売上を上げたい人だけ来てください。




    売り上げアップの為の勉強会を大阪で開催します!
    5月度 勉強会開催のお知らせです。
    売り上げが伸び悩んでいるお店はぜひ参加してみて下さい。
    お早めにお申し込みくださいね!
    詳しくはこちらからどうぞ!
  • 買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)
    メールアドレス
    Powered by メール配信システム オレンジメール
  • 平日9時~17時 土日祝休業

    ◆お電話でのお問い合わせ
    0745-76-2227
    ◆お急ぎの場合は携帯電話にどうぞ
    090-1890-1364 (着信いただければ折り返します)


  • ◆スタジオパス 森美明(モリヨシアキ)
    所在地:〒639-0225 奈良県香芝市瓦口2205-303
    オンラインショップで月商最低100万円以上を目指すコンサルティングを行います。皆さん、一緒に頑張っていきましょう!→詳しくはこちらから
s624x416_necktie01
お客様がネクタイを買いたいと思う時、ネクタイを見せても意味がない

こんにちは! ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

sale
楽天市場の企画に頼り切っている店舗がやるべき事

楽天市場の企画でしか売れないとお嘆きに店舗様へ こんにちは!

名称未設定-1
昔の想いでは心地よくなるという話

こんにちは! 月商300万円越え!ネットショップコンサルティング

moriben
【森勉】5月度勉強会のお知らせ【モリベン】

こんにちは! 月商300万円越え!ネットショップコンサルティング

17904502_1277238922392083_6608842629391789165_n
人のアドバイスに振り回されてしまっていると感じたら

こんにちは! 月商300万円越え!ネットショップコンサルティング

→もっと見る

PAGE TOP ↑