良い商品があるのに売れないお店

鼻炎の薬を買ってきた

先日、絶好調にくしゃみと鼻水が止まらなくなったので、薬局に走りました。

で、どれが良いかわかないまま、自分で必要な日数分を判断して売れていそうな薬を手にレジへ。

そうすると、レジの店員さんが拙い喋り口調で説明を始めたんです。

 

「この薬と同じ成分でお得な商品があります。1錠当たりの単価が非常に安くてお得です」

 

長い説明だったけど短くしたらこうなります。なるほど。

確かに1錠当たりは安いんです。でも、合計60錠も入っていて僕の欲しいと思っている量よりもかなり多かった。

ここで「多い方がいい」という説明があれば買ったかもしれません。

でも僕には「割安」な事よりも「適量」である事

そして何より「合計の支払価格」が優先されたわけです。

だって、手持ちが少なかったんだもん!!!

うだうだ言っても判断する理由なんてそんなもんですね

 

ではブログです。

ニーズが狭すぎる商品は苦労しますね

あるお店の相談

「とても良い商品があるんです。評判も良くてオークションで売れました。ネットショップを開いて売上が上がらないのですが、何か改善策は無いでしょうか?」

とても良い商品?

その商品は何なのか?

答えは後で言いますね。

 

僕はその相談者のサイトを見ました。

そこそこお金がかかっているのがすぐわかります。

スマホでもチェックしましたがキッチリ出来ています。

でも売れないんです。

理由はハッキリしています。

 

ニーズが狭すぎる

 

この1点につきます。

 

答えを言いますね。

 

その商品は「超小型カメラ」です。

キーワードは「隠しカメラ 暗視機能 赤外線撮影 動体検知 防犯カメラ 監視カメラ 小型カメラ 動体検知 小型カメラ 隠しカメラ 小型ビデオカメラ探偵 浮気調査」などです。

怪しい。怪しすぎる。。。

怪しいイメージを連想させるか

正しい使い道で正義を連想させるかは大きな違い

このお店の問題点は、この商品しか売れていない事。

なぜもっと他に商材を拡げないのか?理由はあるんでしょうね。

競合店を見ると「セキュリティ対策商品」をたくさん揃えているお店があります。

「怪しい」というイメージより、「正義」を感じます。

 

自分のお店の商品をどのようなイメージで売るのか。

その商品が売れているのなら、関連商品を揃えられないのか。

 

この二つをクリアできたら、きっと今よりも改善されると思います。

良かったら参考にしてくださいね!

 

お待ちしています!

僕の子供の「書道教室」の月謝は「3500円」です。

あなたの「EC教室」の月謝「3800円」は激安です。

この価格は平成が終わると2倍になる予定です。

お早めにお申し込みくださいね!

コンサルティングメニュー

●「格安月額3,800円コース」一番人気
売上30万円未満のお店対象●「訪問コンサルコース」通常コース
売上最低100万円以上を目指そう●「単発コンサル」
リピート店舗様向けメニュー→詳しいメニューはこちらでご覧ください

まだ検討中!という方はメールマガジンで情報をお届けします!

メールマガジンの登録/解除 はこちらからどうぞ

SNSでも情報発信しています!

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムで情報発信しています。是非仲良くなりましょう!

■スタジオパス facebookページ
SNSを使った情報発信も行っています。
普段は個人のアカウントで発信する事が多いと思いますので、そちらも御覧ください。

■森ヨシアキの Twitter
ツイッターにてネットショップなどの情報発信やってます。
大好きな阪神タイガースの話題もどんどん発信していきますのでお楽しみに!

普段の様子や気になった風景、家族の写真を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です