スマホからネットショップの売上を上げる3つの方法

今日はスマホでブログ投稿です。

長女の習い事の為に早目に迎えに行き、約1時間程次女と一緒に車の中で待機するのが火曜日のルーティーン。

だから車の中での待ち時間を「ブログ投稿の時間」に充てるという時間の使い方です。

便利な世の中になりました^ ^

フェイスブックでは火曜日の様子もご覧いただけます。友達申請募集中!

■森よしあきのフェイスブックはこちら

さて、ブログです。

人がスマホを手放さない時代

今や、スマホは日常的に使うツールとなりました。

ゲームであろうが、メールであろうが、読書であろうが、漫画であろうが、競馬であろうが、音楽鑑賞であろうが、動画であろうが、仕事であろうが。

そしてネットショップでの買い物であろうが。

これまで紙媒体やテレビ、ラジオから目耳にしていたもののほとんどがスマホでできてしまいます。

「電車の中で皆スマホをいじっている」と批判する人もいますが、やっている事は皆バラバラ。ツールがスマホになっただけです。

僕のように仕事をしている人だっているんだから、バカにしないでほしいですよね^^;

スマホで物を買う人の流れを考える

さて、そんな時代だから若年層を中心にいつもスマホの画面が目の前にあると言う人も結構います。情報がどんどん流れてくる。

その中にはSNSをしている人もいますよね。

そして、自分のタイムラインに人からの情報が流れてくる。あなたの扱っている商品です。それを目にして「友達が買ったのなら」と自分も買ってみた。

その人はあなたの商品に興味があったわけじゃ無い。でも友達とお揃いの商品が欲しかった。

これで「SNSによる口コミ販売」に繋がったわけですね。

これは今僕が作った架空の話ですが、このような話は多分そこら中で行われている現実があります。

こう考えると、1つの流れを作る事がお店に必要となってくる。

まずは自分もSNSをやる事。

それが大前提です。

紹介しやすい仕組みを作る

あなたの商品を買った人が、SNSで誰かに紹介する。これって意図的にできない事でしょうか?

いや、勧めてくれたらプレゼントとか、そんなベタな事は嫌われるだけです。

楽しいから教える。面白いから伝える。

そんな話のネタになるような仕組みを考えてみようという事です。

商品説明に「インスタ映え」した画像を貼る。ツイッターでいいね!が沢山付いた様子を書く。

初めから面白い企画が出来上がらなくても、常に考えているとクセがついてきてアタリも出やすくなりますよね。

仕組みを変える事!

勝手に流れは起こりませんから。

最後に

時間切れで「3つ目の方法」は書けなかった。すいません、また書きます。

書こうと思ったのは

自分が流れの最上流にいること

面白いい発信をして、それをリツイートやフォローで広めてもらう発信源である事ですね。

難しい事かもしれないけど、是非一緒に考えてみたいですね。

 

常にスマホの画面が目の前にある僕。

決して遊んでいるのではなく仕事をしています。皆さんもスマホで仕事をしてみて下さい。特にネットショップを運営しているあなた。

いつも見ているパソコン画面はお客様が見ている画面とは違います。そこから見える風景を体験すると、もっとお客様の行動がわかるはず。

お互い楽しみながらやりましょう!

お問い合わせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です