やれば売れるとわかっても実際にはほとんどのお店がやらない方法

ネットショップに限らず、今まで何かしらの商売をされたことのある人ならお分かりと思います。

それは

「リピート客の大切さ」

です。

一度でも買ってくれたお客様なら新規客を集めるよりも買ってくれる可能性は高まります。

ただし、私もそうですが前に買ったお店がどこだったのかを覚えていなかったりします。

だからお客様に「前に買ったお店はここですよ!」と「お知らせ」をしてあげると思い出してもらえますよね。

pj26-dm_img01

ネットショップをやっている人がリピート客対策としてできる事はなんでしょう?

 

「メールマガジン」がそうですね。

楽天市場などはメルマガ読者を集めて送る仕組みがあるので、読者を集める努力をすればメールを書いて送るだけですね。

ただし、この仕組みは相手がメルマガの購読を希望しなければ届ける事はできません。

つまり買ってくれた人に必ず届ける仕組みではないと言う事になります。

 

「ダイレクトメール」はどうでしょう?

買ってくれた履歴からメールアドレスを収集することはできます。(楽天市場の場合はあどれすが暗号化されます)

顧客リストを作っておけば、メルマガスタンドを使って同様にメルマガを配信することも可能です。

ともかく、断られない限り送っても問題ないと思います。

 

「ニュースレター」はどうですか?

郵送やメール便などで送るのが一般的ですね。

この場合は送る料金がかかるのでたくさん送るとかなりの経費がかかりますが、大手の健康食品メーカーなどは必ずやっていて、たまにサンプルなんかも同封されてきます。

これはやはり「効果があるから」やっている訳ですよね。

 

私がお勧めするのは「ダイレクトメール」と「ニュースレター」です。

これらは売れていないネットショップはまずやっていません。

逆に売れていなお店は「メールマガジン」しかやっていないか、メールマガジンすらやらない。

 

以前よりもメールマガジンの読者が減ってきたお店も多いと聞きます。

それは「頻繁に宣伝されるのが嫌」だからですよね。

しかも登録を相手に任せているのですから、宣伝を受け取る事を希望する人が減るのは当たり前の事です。

 

だからネットショップでモールの仕組みを使ったメルマガだけをやっていてもリピート客対策にはならないんですね。

 

前にも書いたことがありますが、最低限「顧客リスト」を作る事が必要です。

名前と住所とメールアドレス

マーケティングの事を考えるともっと細かい情報が欲しいところですが、まずはお客様と連絡が取れる事が最優先です。

 

簡単に書きましたが、面倒な事ですよね。

もう何年もやってきたお店が今からリストを作るとなると、それこそ大変な事だと思います。

でも、それをやるとやらないとでは大きく違うのは間違いありません。

90%以上のお店はやっていません。

本当に売れるかどうかわからないから。

やった事がないからわからない。

本当かどうかを確かめる方法はというと、

本当に厄介ですが「やるしかない!」のです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です