あなたの「当たり前」をお客様は知りたいのです!

専門家にとって、毎日接している商品のことについて一般の人よりも詳しいのは当然です。

私もそうです。
ネットショップはどうすれば売れるのか。
自分は当たり前だと思っていても知らない人が多いからこそこの仕事が成り立つのだと思う。

これは多分私だけでは無いですよね。
様々な仕事について、その道のプロであれば普通の人が知らない事を知っている。
または一般の人が驚く事が当たり前と認識している事もある。
そんなものです。

ある人から聞いた話です。

町の看板屋さんが、自分のお店の看板を書き変えたそうです。
そうすると、なんとこれまでの3倍以上の売上を記録しました。

すごく立派な看板にした訳ではありません。
まして動いたり光ったりするような物でもない。
「たった一言」の言葉を付けくわえただけです。

それは

「錆びない」という言葉でした。

ただの「看板」を「錆びない看板」に変えた。

そうすると、「錆びる看板なんか嫌だ!錆びない看板が欲しい!」という人が集まったという訳です。
「錆びる看板」より「錆びない看板」があるのなら、人は当然「錆びない看板」を選びます。
「錆びない」の一言が「選ばれる理由」に変わったんです。

img_0019

話によると、実は「錆びる看板」などその看板屋さんは作っていません。
そんな看板は売れないしクレームになる事もある。
看板が錆びるのは昭和以前の話です。

だから錆びない看板を売るのはその看板屋さんにとって「当たり前の事」だったのですね。

当たり前だからと言って書かなければ、その情報はお客様には絶対に届きません。だってそんな事は知らないんですから。

きっかけが何だったのか私は知りません。
その話が事実かどうかもわかりません。
でも、この話を聞いて私は本当にそうだなと感心しました。

お客様が知らない事、そして望んでいる事。
それを商品名に入れるだけでお客様の反応は変わるという事です。

あなたの商品はどうでしょう?
そんなの当たり前と思っている事が実は立派な「選ばれる理由」になるかも知れません。

ちょっとした事であなたのお店の反応は変わります。

是非あなたの商品名を見直すきっかけにして下さい。

ちょっとしたきっかけで売上を上げたい人はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です