見えないところを重要視しているお店が売れています

先日のブログ記事

楽天市場新規出店セミナーで紹介されていた

「三丁目横丁」さん

の事にについて書きました。

 

今回はその中で重要だと思った事を書いてみます。

 

スライドでこのお店がやっている事の説明が出て来てるのを見ていた私は一つの写真に目が止まりました。

「三丁目横丁さんは、商品と一緒にチラシを同梱していますよ」

その説明と同時に、私が見た写真

それは

 

「手書きのチラシ」でした。

sanple手書きチラシのサンプル

もちろん印刷されたものでしょう。

白黒でA4サイズ。

文字が大きくて魚屋さんっぽい書き方。

「キレイなちらし」はいかにも広告っぽくて見てもらえないかもしれないけれど、手書きでインパクトのある文字を使っているせいで目にとまりやすいと思いましたね。

 

他にも何かあったようなきがするけどよく見えなかった。

さて、もし私なら何を同梱するか。

 

やっぱり「おまけ」も効果的だと思いますね。

単純に喜ばれやすいから。

ただ、私はちょっとした工夫は必要かと思っています。

何を選ぶかにもよりますが、「なぜこれを選んだのか」というのがわかった方がい良いんじゃないでしょうか。

 

それは「気遣い」が伝わりやすいからです。

 

選んだ理由を書かずに入れても気付かない人がほとんどかもしれません。
何か魂胆があるのかと勘ぐる人も出てくるかもしれないですよね。

でも、スタッフや店主が選んだ理由を添えてあったらどうですか?

優しさが伝わりませんか?

そこに「人」が浮かび上がってきませんか?

 

お客様に商品を発送する。

 

お客様は商品を楽しみに待っています。

そして、箱をワクワクしながら開ける。

商品を手にとってさっそく使う。

箱を捨てる前に中身を確認すると何か入っている。

 

チラシとおまけ

 

何も思わない人もいると思います。

でも、そこに何かを感じる人が必ずいます。

その人達はこう思うんじゃないでしょうか。

 

「またこのお店で買おう」

 

見えないところを工夫して損はありません。

他店の真似をいくらしてみても、見えないところはなかなかわからないものです。

 

売れているお店はそんな所に秘密があるんだと思います。

 

それでは今月も頑張りましょう!!