<今日のコンサル>これが無いとやっぱり売れないかもねー

<都合によりお客様のお名前は伏せさせていただきます>

今日のコンサルのご紹介。

モザイクだらけで何のことかわかりませんね!(画像は消しました。すいません)

まぁ、大まかにはわかると思いますが「履物屋さん」の通販サイトです。

一体どれだけ売れているのか。または売れていないのか?

答えを言うと、ネットショップではあまり売れていない。

ただし、このお店を知っている人がいます。その人はこのお店を「指名検索」しますから、簡単に辿り着き買ってくれます。

それ以外の人、つまりこのお店を知らない人は、まずこのお店にたどり着かない。

そして、たどり着いたとしてもこのお店で買おうという気にならない。

僕も見たけど買いたいとは思わない。

 

それはね、

『良さがよくわからない』

からです。

 

書いてありますよ。

商品説明には長々と「長所」がちゃんと書いてあります。

でも多分、お客様の多くは「読まない」んです。

読まないから「伝わらない」んです。

この商品の「長所」はお客様に「伝わっていない」と言う事です。

 

写真がありますよね。(すいません。削除しました)

これも問題ありですね。

ここにちゃんと文字で伝えたい事を書かなきゃいけませんね。

商品を見た時に目に飛び込むように。

 

そして、もう一つ大事な事があります。

それが「お客様の声」です。

 

お店の人が書いている「商品の長所」は読まない人も、お客様が書いた「感想」には興味があります。

これを読んで、自分が買った後の事を想像する人が多いんです。

いまさら言うまでもないですね。ごめんなさい。

 

まだお店をオープンしたばかりで「お客様の声」や「レビュー」が無い人はここが大きな問題です。

でもそこは頭を使ってやれば何とかなります。

お金を出して買ってくれた人だけじゃなくても無料で「使ってくれた人」の声は集められる。

家族や親せきでも、使った感想は言えます。

嘘はダメです。絶対に。

自分で作ったりしちゃ駄目です。

でも、人が使った本当の感想なら良いと思いますよ。僕は。

 

その「使用した人が感じた良さ」を伝える事ですね。

できるだけ多くね。

それがあるのと無いのとでは全然違いますから。

それが、お客様の心理なんです。

 

例えば、

「当店一番人気!100人以上の方が買ってくれました。」

「お客様からの喜びの声、感想はこちらです!」

こんな風に書いてから声を数件並べます。

 

安心感なんですね。

売れているという事実。

良いという人がいるという事実。

事実が安心感を生むんですね。

数は多い方が良いですが、最初は少なくても仕方ないです。

ゼロよりはずっとイイですから。

 

※楽天市場やヤフーショッピングでレビューが無い場合は「画像」や「文章」で表記しましょう!

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です