選ばれる理由は何かを考える

子供の夏休みの宿題がラストスパートに入っています。

本当はこの週末で終わるように計画を立てていました。ところが、土曜日が登校日だったり、午後はスイミング教室が入っていたり、お母さんと次女が体操教室に行ったりで、その日は結局宿題に手を付けられず。

日曜日は何とか2日分残っていた「日記」を1日分やり遂げたのですが、泣きながらの悪戦苦闘でそれ以上は進まず終了。残りは最終日の9月1日、2日で完成させると約束しました。

まぁ、正直想定内です。

そして、罪悪感満載です。

僕は夏休みの宿題を夏休みが終わってからやっていたし、それを聞いた奥さんは昨日「ふーん、やるだけ偉いやん。私はやらんかったよ。」と堂々と仰っていました。

それが宿題をちゃんとやらない娘にヤイヤイと言い、計画をたてさせてきっちりやらせようとしているんですからね。まともにできると考える方がおかしい訳です。

泣きながらでも宿題をやろうと頑張る娘を見て、自分の小学生時代と比べたらよくやっていると褒めてやりたい。そんな訳で夜は皆で焼肉を食べに行きました!

って、自分が食べたかっただけですけどー(^^)/ 爆

 

さてブログです。

 

自分が選ばれた理由を聞いていますか?

コンサルティングを頼めるようになったこと。それがスタート。

今日、コンサルをさせていただいていた東京のアパレルメーカーさんとの契約が終了しました。

コンサルが終了したお客様のサイト(楽天市場)

リアルの卸販売も忙しい社長さんですが、楽天市場での販売も自分でされているので、作業がなかなか進まない事で僕から少し厳しめに話をしたこともあります。

それでも会社をきちんと成長させている社長さんですから、僕の見えない所で様々な仕事を進め、将来は明るい未来が見えているお話も聞かせてもらいました。

「昔は会社も殺伐としてていたけど、今は何とか笑えるようになりました」

社長のそんな言葉が印象的です。

以前ならコンサルを頼んで良くしようという発想も無かった。余裕が無かったんですね。これは色んなお店をみさせてもらっていても感じます。

コンサルを頼める状態なんてまだいい方なんだと。だって頼むお金があるんだから。それすら捻出できず苦労しているお店だってたくさんあるんですよね。

苦労してコンサルを頼めるようになって、そうして縁あって僕を見つけた貰ったわけです。

何故、森を選んだのか

コンサルタントを選ぶ時、何を基準にするかは人それぞれです。もちろん売り上げを上げたい気持ちは一番。でもそれだけで選ぶのではない事が今回も知る事ができました。

「なぜ僕を選んだんですか?」毎回聞く事ですが、今回もコンサル終了後に聞きました。

社長はこんな風に言ってくれたんです。

「検索したらツイッターを見つけて、そこからブログを読んでみたんです。そしたら゛優しそうな人”に見えたんですよね。僕は偉そうな人や、厳しい人はダメなんでw」

まぁ、コンサルタントとして喜んでいいのかどうかわからない見え方な訳ですが、きっかけとしてその人に合うかどうかは重要なポイントです。

そういう意味で「文章の書き方」「写真の表情」がそう見えたという事ですね。

結局は「人」であるということ

以前とは違い、今はネットショップのコンサルタントも検索すればたくさん見つかる時代です。数年前なら僕も上位に出ていたんですが、今ではそんな事はありません。

それでも僕を選んでくれるのは「情報発信」で自分を見せているから。言い方は極端ですが、それを観た人が気に入るかどうかだけです。

普通に「売り上げを上げられるのかどうかだけ」を考える人は僕の所へは来ません。売れればいいのならもっと高い料金でも成果の数が多い企業がありますからね。

「この人は自分に合うかどうか?」がポイントになる。

そんな人が僕と言う「人」を見て申し込んでくれる。それが今回の流れ。

何が言いたいのかというと

今日のコンサルティング風景

さて、このブログを読んでくれている方の中には

「コンサルを申し込む余裕が無い」とか「合わない人かもしれない」と思って躊躇する方がいると思います。

そんな方には是非「お試しコンサル」を受けてもらいたいです。

そして少しでも業績が上がって申し込める状態になる。または自分と合うかどうかを見てからという人も。

世の中余裕のあるお店ばかりじゃない。僕はそんなお店の力になっていきたい。そう考えています。

興味のある方は是非お問合せ下さいね!

 

※【人気】お試しコンサルやってます!

どんなものなのか?一度やってみなきゃわからないですよね!
売上が少なかったりで支払いが不安な方もこちらへどうぞ(^^)/

料金は無料です!

 

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です