『SEO対策』に騙されるな!

◆『SEO対策』に騙されるな!

『SEO対策』
インターネットで集客をしたいという方は、もうご存知のこの言葉。
一応説明しますと、『検索エンジン最適化』という意味で、Yahooやgoogleで検索した時に上位表示されるような仕掛けをすることです。

これによって、例えば「奈良県」「ラーメン屋」と検索された時に自分のホームページが上位に表示され、その表示をクリックしてもらうことによってアクセスが増えるという訳ですね。

もちろん、このような仕掛けを使って上位表示させることができれば単純にアクセスは増えます。
今までアクセスが少なかった事を思えば、問い合わせや来店が増える可能性はあります。

当たり前ですね。
そうでなければ誰も『SEOが大事!』とか『SEO対策が集客のポイント!』などと言うはずがないんです。

でもね、僕はずーっとひっかかっているんです。
昔はSEO対策なんて言葉が無くて、みんな『アクセスアップ』という言葉で一生懸命対策・工夫をこらしてたんですね。

まぁ、基本的な考え方はいっしょです。
アクセスさえ増やせばお客様が増えるって思うんですよね、だれでも。

で、どうなったか。
アクセスを増やしても儲からないホームページが山のように増えたんですね。

また言いますが、当たり前です。
起こる事象はこういうことです。

1:アクセスを増やすことが目的のホームページが出来上がった。
2:それを見たお客様は、期待して訪問した。
3:そして・・・期待ほどでは無かったので他のサイトへ。。。

はい、見事に他の店への訪問をアシストしてしまいましたね!という顛末です。

重要なのは「お客様の期待を裏切らないホームページになっているかどうか」
これこそが本当の売れるホームページになる一歩です。

お客様の期待って?
当然、情報です。

行ってみたい!
食べてみたい!
使ってみたい!

そう思ってもらえるような情報があるのか無いのか。
あれば、その情報は本当に信頼できるものなのか。
このような基本中の基本を無視してSEO対策ばかりを施しても、結果はあまり芳しくないと思います。

<結論>
売れるホームページは『中身で勝負』です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です