なぜその商品を売ろうと思ったのかを考えると売り方が変わる

◆なぜその商品を売ろうと思ったのかを考えると売り方が変わる

こんにちは。
ホームページ集客アドバイザーの森です。

多くのホームページで見受けられる集客出来ない理由。

それは「あなたの商品が欲しいという理由が無い」ことです。

例えば手作りの石鹸を売るとします。o0400030011892241520

手作りの石鹸を売ろうと思う人は

石鹸の香りが好き
手作りのものが好き
自分で作るのが好き

といった感じで、自分がそれを好きだからという理由が多いです。
自分が好きなものを売るという発想自体は間違っていません。

ではどのような人に買ってもらうか。
ターゲットの設定ですね。
実はここが問題です。

あなたならどんな人が手作りの石鹸に興味を持つと思いますか?

これは、ほぼ『売り手と同じ』なんです。

要するに、自分が好きだから売る。
そして自分のように好きな人がいるから買う人がいる。
そんな発想におちいるんですね。

手作り石鹸に興味を持つ人が
あなたの作った石鹸を欲しいと言う人は少ない。
それよりも「自分で作りたい人」が多いはずです。

それなら自分と同じように手作り石鹸を作りたいと思う人にはどんな商品が好まれるかちょっと考えてみると

・素人でも簡単!手作り石鹸づくりセット
・初心者でもできる手作り石鹸体験セミナー
・手作り石鹸材料専門店
・香りを知りたい人へ!石鹸のかけらプレゼント

どうでしょう?
ターゲットを自分と置き換えられる分イメージしやすくなり、興味を持っている人が集まりやすいですよね。

このように、単純に好きだから売るという発想から、視点を変えて買いやすい商品として販売する方が簡単に集客できるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です