「成約率」を「運任せ」では無く自分で上げる方法

成約率がなかなか上がらないお店からの相談があると、僕がまず見るのは「商品ページ」です。

お客様が「これが欲しい」「ここで買いたい」と思うに至るための要素が「商品ページ」に無いと成約率が上がらないからです。

例えば「価格」や「ポイント」で決める人を集めたいのなら商品ページの「価格を下げる」事と「ポイントを付ける」事で解決しますね。

でもあなたのお店は「安売り」をして集客したいですか?

「安いものだけを買いたい」人に来てもらいたいでしょうか?

違いますよね?

あなたのお店が大好きな人

あなたのお店の商品を気に入った人

そんな人たちに来てもらって、買ってもらいたいと思っていますよね。

 

来店してくれたお客様に「このお店で買いたい!」と思ってもらうには必要な事があります。

それは商品ページに

出来得る限りの「多くの情報」を掲載すること

つまり

ページの作り込みが必要だと言う事です。

お客様が買いたいと思うような多くの情報とはどんなものなんでしょう?

それはやっぱり「お客様が喜ぶ」情報になります。

例えば

多くの写真があること

過去にどれだけ売れたかがわかること

どんな人が買ったか

過去のお客様が喜んでいる様子

スタッフの笑顔

返品交換について

ギフト対応についての細かい情報

などなど

とにかくお客様が喜ぶ「笑顔」を想像してみましょう。

どうすれば「笑顔」になるのかを考えてみましょう。

 

笑顔に結びつく多くの情報が、お客様を引き付ける要素だと言えます。

「商品の情報が要るだろう!?」とおっしゃる方

そうなんです。商品情報は絶対に必要です。

でもそれは当たり前の事ですね。

ラーメン屋さんが「おいしい」ラーメンを売るのと同じく、当たり前に提供すべきものです。

問題はそこから先ということなんですね。

 

お客様に選んでもらうのはなかなか厳しい事です。

ですから、一つでも多くの「笑顔」を作り出す事が必要です。

そうする事で「成約率」は上がります。

待っていてもそれは運任せになるだけ。宝くじに当たるのを待っているのと同じです。

さぁ皆さん、頑張っていきましょうね!

奈良県香芝市ではお昼過ぎに雨から雪に変わりました。

配送がスムーズにいかない可能性もありますね。

事故や遅配が極力ない事を願います。

 

お問い合わせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です