サイトのカスタムが趣味になっていませんか?

朝、僕が次女を保育園に送っていって戻ってきたときには長女が小学校へ登校しています。

次女が早く用意できた時は保育園から戻るのも早くて、長女の登校前に顔を見る事ができます。

今日はPTAの「見守り隊」の当番と言う事もあって早めに戻る事が出来ました。

そして長女はゴキゲンの笑顔!

娘の機嫌が良いと僕も機嫌がよくなる!逆もそうだね!

毎日笑顔を意識すると機嫌よく過ごせますね!

ではブログです。

 

サイトのカスタマイズが大好きなあなたへ

売りたい売りたいと思って、色々と調べていくと「こうすれば売れますよ」という方法が書いてあるサイトにたどり着きます。

それは一種の処方箋のように思えます。

  • 「カートボタンの大きさを変える」と押す人が増える。
  • 「リンク画像がマウスオーバーで変わる」とクリック率が上がる。
  • 「カッコいいバナー」を作る。

見た目が変わるとお客様の反応も変わる。

これは間違いではないです。だからやらないよりもやった方が良いと思います。ただ、それで大きく変わるのかと僕は違うと思う。

カスタム自体は悪くないのです

カスタマイズをすると一時的に満たされます。

でもそれは言い方が悪いですが「自己満足」の部類ですね。

そうだとわかっていてもやってしまうのは「趣味」みたいなもので「カスタム」が好きなんです。楽しいですよね。僕も経験があるのでわかるんです。ホームページの制作も似たようなところがあって、自分のページが変わっていくのが嬉しくて仕方がない。

僕は自分でやるのはまだ良いと思っています。

でもね、ちょっと困る人がいるんです。

カスタムで売り上げが大きく変わると思ってる?

これを「外部に頼む」事で「売上が上がる」と思う人がいるのが困る。

アドバイスに行っても「もっとページを変える事とかやってもらえたら」っていうお店があります。僕も言われたらやろうかと思いますが、それで売り上げが変わるとは思っていません。

だって、他のお店もすぐに真似できますから。

やらないよりやった方が良いレベルの事をやってもらって喜んでもらっても、僕としてはそれが本質ではないんですね。やっぱり売り上げを上げてもらいたい。

じゃぁ何をすればいいんですか?と聞かれたら

小細工をして、チョットばかり売り上げは上がるかもしれません。でも、それではお店も僕も満足できないでしょう。

だから、僕は「カスタム」で見栄えを変える事を勧めるんじゃなくて、他の部分を勧めたいんです。

それは「違いを作ること」です。

予め言っておきますが「価格」では無いですよ。

ここを安易に安くして「違いを出す」なら、これは何も考えていないと言っても良いと思う。安く売る方法を子供に聞いたら「安くする」と言いますよ。

あえて言うと「絶対に真似のできない部分」を前に出す事をお勧めします。これは「性格」みたいなものです。変えられないんです。だからそれを前面に出す。

僕は阪神ファンです。

「阪神ファン」が集まる他所よりも高い居酒屋には行くかもしれませんが、「巨人ファン」が集まる安い居酒屋は行かない。

コンセプトが違うから、同じものを高く出していても喜んで買う人がいます。

そういうこと。

 

見た目も大事ですよ。いや、かなり大事。

でもね、お店の場合は同じものを売っているお店が多すぎます。だからカスタマイズ程度では売れないんです。

 

カスタマイズの事を聞きたいのなら他のサイトで沢山見つける事ができますし、やってくれる人もいます。

僕はあなたのお店の「違い作り」をお手伝いします。

お問い合わせは無料です。

さぁ、今すぐチャレンジです!!!

森直通電話:090-1890-1364

問い合わせフォームはこちら↓

お問い合わせ

 



 

お試しコンサルのご案内

「あなたは年末を家族で笑って過ごせますか?」
皆さんのお店の売上アップをお手伝いし、家族に笑顔を取り戻しましょう!

森です!五十肩ですが頑張ってます!笑

コンサルティングってどんなものなのか?
一度やってみなきゃわからないですよね!

売上が少なくてコンサルが申し込めない。そんな人も「お試し」なら大丈夫(^^

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です