売れないお店に見る「2つのパターン」とは

熱が下がり少し元気になった娘

昨日、熱を出してダウンした長女ですが

今朝はなんと自分で勝手に起きて、朝の準備を始めました。

熱を測ると「36.5度」

昨日の表情が嘘のようにピンピンしています。

今は学童を休んでテレビの「妖怪ウォッチ」を堪能しています。

まぁ今日は特別にゆっくりさせてあげよう!

 

さてブログです。

 

同じ「売れない」でも実際には「2種類」の原因がある

昨日も夜な夜なコンサルをして来ました。

ガストで。

夜九時からとなるとこちらも眠いのですが、相手の事情もあって11時ごろまで話し込みました。

写真撮り忘れたため、画像は借り物です

このお店は数年前に月商100万円の壁を突破しました。

ところが、そこから上向きにはならず、徐々に売上が落ちていったんです。

僕が「売れないお店のパターン」として考えるA,Bのうちの「Aパターン」のお店です。

 

知識は豊富なのに「行動しない」お店は売れません

売れないおい店「パターンA」の場合

コンサルで話しても、他の人と話しても、アイデアが色々出てきます。

「あれもやろう!これもいい!」と盛り上がります。

 

ところが、しばらくして結果を見ると、さほど売上が上がっていないんですね。

それは「言った事をやっていない」からです。

 

当たり前ですよね。

やらなきゃ結果なんか出るわけない。

でもね、これは結構多いパターンなんです。

やる事をわかっていても、アイデアが浮かんでも、日々の仕事しかやらない。

お店によっては「そんな事を言っても物理的に出来ない」と何故か開き直る。

僕は構わないけど、あなたのお店ですよ?って事です。

 

別のお店の話をしましょう。

ネットショップ以前の問題を抱えるお店は大変です

売れないおい店「パターンB」

このお店はネットショップというよりも、「商売そのもの」もしくは「人間的」な部分を見なおす必要があるお店。

どういうことかと言うと

  • 時間を守らない
  • 約束を忘れる
  • 勉強しない
  • 自分で調べない
  • 人の責任にする

といったように、商売と言うよりも性格や日常生活そのものに問題があるというものです。

僕が「ネットショップでの売れる方法」を色々とお話したところで何も起こるはずもなく、ただただ時間を浪費していきます。

 

解決方法はあるのか?

パターンAの解決方法

行動しないお店は物理的な問題を抱えている場合が多いです。

これこそ「パターン化」してしまっているのが原因。

このパターンを見直す事で、アイデアを実行する事ができます。

つまり「時間の見直し」です。

  • 朝早く起きる
  • 一番最初にやる
  • 作業時間の短縮
  • やらない事を決める

などをして、別の事をやる「時間枠」を作ることで物理的な行動時間を決めます。

直ぐに出来なくてもやると決める。

他の事を後回しにしてでも優先順位を上げる。

これまでの習慣を変える事で解決しようと言うものです。

パターンBの解決方法

自分では出来ない人が商売をやろうとするところに多少の疑問があるのは置いておきます。

そもそも、基本中の基本が出来ない人に任せても無理です。

この場合は「強制的」にやるしかありません。

  • マンツーマンでコーチする
  • ルールを決めて守るように指導する
  • 時間割を作り時間通りに行動する
  • 日報を付けて提出
  • 毎日宿題を出して翌日提出

子供にイチから教えるのと全く同じです。

大変ですが、出来るようになるまで我慢強く指導する必要があります。

 

もしかして、あなたは「パターンB」ですか?

「自分ではどうにもならない」

そう思ったら一度相談してくださいね。まだ間に合いますから。

相談も出来ない人は無理ですよ。

お待ちしています。

 



 

お試しコンサルのご案内

「あなたは年末を家族で笑って過ごせますか?」
皆さんのお店の売上アップをお手伝いし、家族に笑顔を取り戻しましょう!

森です!五十肩ですが頑張ってます!笑

コンサルティングってどんなものなのか?
一度やってみなきゃわからないですよね!

売上が少なくてコンサルが申し込めない。そんな人も「お試し」なら大丈夫(^^

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です