送料無料にすると買ってもらえるのか?

いくら暑くても

「コーヒーはホット派」の森です。

家では必ずホットコーヒーを飲んでいます。

今日コーヒー豆が切れたんですが、この間新しい「コーヒー豆屋」さんが出来ていたので気になっています。

にしかぜ珈琲豆店さん

今日、見に行ってきますが貧乏性なので高いのは多分買いません!!

インスタやられていたので貼っておきます。

 

さてブログです。

送料無料 にすれば売れるという錯覚

無理やり送料を無料にする必要はあるんでしょうか?

通信販売、ネット販売を始めるとネックになると思われるのが「送料」です。

お店によっては「送料を無料にしないと売れない」と思っている方も少なくないんですね。

 

今日相談いただいたお店もそうでした。

「落花生プリン」という珍しい商品を販売されています。

「お試しセット」が設定してあって、

それをまず買って、知ってもらいたいという感じです。

でもね

値段を見ると

「2個セット 1,500円」

とあります。

これ、お試しの割には高い感じがしますよね。

食べてみないとどんな味なのかわからない「落花生プリン」

話を聞くと、「送料無料」にするために商品代金に乗せて表示しているんだそうです。

よくあるやり方ではあります。

 

でも、

お客様にはどう見えているか。

これが重要なポイントだと思うんです。

 

正確な送料は聞いていませんが、仮に内訳が

商品代金 750円(2個セット)

送料   750円

だった場合は、本来このように表示されます。

それが今の表示は

商品代金 1500円(2個セット)

送料無料

という事なんですね。

 

どちらも支払う金額は1500円で全く同じです。

でも印象は全然違いますよね。

プリンが2個で1500円と書いてあると高いと思いませんか?

送料無料という文字は吹き飛んでしまうほどのインパクトです。

もちろん、それほどの価値がある高級プリンならいいのですが、お客様は「落花生プリン」という珍しいプリンを「お試し」で買う段階です。

まず食べてみる「お試しプリン」に2個1500円はなかなか買いにくい。

 

だから僕は

上のパターンの

商品代金 750円

送料   750円

での表記をお勧めさせてもらいました。(送料の額は確認していません)

 

これから配送業者の意向により、送料は値上げ傾向にあります。

そして徐々に「送料はかかるもの」という感覚が消費者にも浸透していくと僕は思っています。

アマゾンが送料無料だからと言って他も送料無料が当たり前ではありません。

そういうイメージも業界全体で作っていくべきです。

 

送料無料にするため、商品代金に上乗せする表記方法は逆効果

僕はそう思います。

 

※無料コンサルやってます!

どんなものなのか?一度やってみなきゃわからないですよね!
売上が少なかったりで支払いが不安な方もこちらへどうぞ(^^)/

 

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です