SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その4

花粉症の皆さん、お元気ですか?

春になると僕も「鼻水ダラダラ」「くしゃみ」「両方の鼻づまり」で苦しんでいます。

ただし、僕は最近「花粉症」よりも「ハウスダスト」のアレルギーの方がキツイ事に気が付きました。

だって、それまで何ともなかったのに「布団に入る」と同時に鼻水がタラーっと流れ始める。そしてくしゃみと鼻づまりに襲われて息が出来ないという状態に。

夜になって布団に入るのが恐怖です。

それで、今日から対策をしようと思っています。

それがこれ!

スポーツ選手が付けているとカッコイイ!鼻腔テープです。

「鼻腔テープ」と言うやつですね。

スポーツ選手はこれを貼る事で鼻からの呼吸がしやすくなって酸素をより多く取り入れる事によってパフォーマンスを上げる事に繋がるようです。

ですが僕は単純に「鼻づまり予防」のために鼻腔を拡げるだけの目的。

それで昨日試しにやってみたんですが「かゆい」んですよね。

結局すぐとってしまいました。(ダメじゃん)

今晩はこれと「ワセリン」を塗るというダブル対策を試してみます。

結果はまた後日。。。

 

ではブログです。

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その4

書いたブログをどうやって見てもらうのか?

前々回の記事で「ブログを書く」ことでネット上で見つけてもらおうという話をしました。

でも、結局そのブログをどうやって見つけてもらうんだ?っていう話になるんですよね。

そうなるとやっぱり「SEO」が重要じゃないのか?と言われる訳ですが、そりゃ普通にSEOはやりますよ。要らないって言ってるんじゃないですからね。でも「最重要」だとは思わないし、何ならやりたくないというのは本心です。

ではどうやってブログを見つけてもらうんですか?

お答えします。

検索以外では「SNS」で更新情報を発信します。

僕の場合は「ブログ」を読んでもらわないと仕事が来ないと言っても過言ではありませんん。だからブログを書いてそのままにするなんてことは考えられない。

必ずSNSで「更新しました!」と発信するのです。

でも実際それで読んでもらえるかどうかっていう話ですよね。

そこで重要なのが「普段の投稿」になります。

何のためにSNSをやっているのかを明確にする。

僕は先ほども書いたように「ブログを読んでもらう」事が物凄く重要なわけです。

だからSNSでもそれを伝えます。

「ブログ更新しました」と。

↑僕のツイッターでのブログ更新情報
良かったらフォローしてください(^^)/

もしフォロワーが少なかったり、交流が無い状態でそれをやって誰が読んでくれるでしょう?

多分殆どの人がスルーします。だって興味ないから。

だから必要なんです。

「普段の投稿」が。

この人は普段どんな投稿をしているのかを見て興味を持ってもらう。

そして、出来るだけ多くの人と交流する。←これ重要!

普段から交流している人たちにとって、僕がブログを更新するって事について少しは興味を持ってくれます。少なくとも「タイトル」ぐらいは目にしてくれます。

そうすると「興味を引くタイトル」なら読んでもらえる確率はさらに上がります。

現実に、僕のブログのアクセスはSNSで発信しなければかなり落ちます。

まだ僕が出来ていないのが、ここからの「拡散」です。

フェイスブックでシェア、ツイッターでリツイートしてもらえたら、僕のブログはもっと読んでもらえるはずです。そうすると僕のお客様が増える確率も上がるという事になります。

僕の目的はそれです。

だから、SNSをやって仕事に繋げようっていう人は「ブログの更新情報」や「商品ページ」のURLを貼り付ける事をしないと意味が無いんですよね。

それも、ちゃんと普段の投稿や交流があっての話です。

難しいですか?

次回は最終回の5回目です。

SNSの投稿って具体的にどんな投稿がいいのか?と言う事を書いてみたいと思います。

お楽しみに!

【あなたがネットで見つけてもらう5つの方法】

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その1

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その2

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その3

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その4

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その5

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2002年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です