SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その5

毎晩苦しんでいた鼻詰まりがようやくマシになりました。

先日ツイッターの友達に教えてもらったんです。

「鼻炎に効くスプレー」があるって。

紹介してくれたのはこのツイート

京都伏見で不動産屋さんを経営している

株式会社プラスホーム

の佳山さん。

すごくマメでツイッターでも参考にさせてもらっているんですが、それ以上にこうして絡んでくれるのが僕的には凄く有難い。

ツイッターって(フェイスブックもですが)いくら情報発信しても、見てくれる人が反応してくれなければ見た目上は一方通行です。

「いいね」や「コメント」があるから盛り上がったり、見た目の数字で「すごいな」と思ってもらえたりします。

あ、すいません。

すでにブログに入ってます。

 

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その5

 

SNSの使い方って人それぞれだけど、仕事で使う場合はどうするの?

今、ツイッターを一生懸命やっています。

自分のビジネスでツイッターを活用しようとしています。

僕は「ネットショップ」で相談してくださる方にも「SNSで積極的に情報発信しましょう!」と伝えています。

そしてお店の方は「わかりました!」と言って情報発信する。

その内容は

「今日は○○を出品しました!」とか

「今売れているのはこれです!とても人気ですよ!」とか

「今日もこれが売れました!」とか

とにかくお店の商品の事を「宣伝」する訳ですね。

 

さて皆さん(浜村淳じゃないよ!)

出典:thepage.jp

あなたは知り合いのお店が「何を出品したか」とか「人気商品」とか「今日何が売れた」とか、そんな事ばかり発信する人の情報を見たいと思いますか?

多分あまり見たくないですよね。知り合いだから見る程度でしょう。

僕は「いいね」を押しても見ていないかも知れない。

 

と言う事は、仕事で使うからと言って「仕事の事だけを発信しても誰も興味ない」って言う事です。

SNSを商売に繋げるっていうのは出来ない事ではないけれど、即効性を求めるものじゃないと思います。これはやっていて感じるところです。

 

SNSのオススメな使い方とは?

僕がこれまでSNSを使ってきて思う事があります。

こうやって使えばいいんじゃないの?っていうものですね。

今まで使いもしないであーだこーだと言ってたんですから、そこから考えたら随分進歩していると思うんです。

1:多くの人に自分を知ってもらう

周りを見て気が付くことがありませんか?

「友達が多くて」商売に結び付いている人がいること。

それを見て羨ましいと思ったことは無いでしょうか?

僕は何度もあります。

基本的に僕って友達が少ないんです。だから友達が多くて繁盛しているお店や人が羨ましくて仕方がなかった。今もそうです。

増やしたいと思っても、友達ってこの年から急激に増えないですよねぇ。

でもね、そうでも無いんじゃないかなと最近思えてきました。

SNSを使えば「今からでも友達を増やせる」そんな風に思える。

今までできなかった友達を増やす事ができるツールだと思います。

2:自分を「タグ付け」してもらう

僕的にはこれに気づくと変わってくると思います。

「見られる意識」と「拡げる意識」っていうのかな。

写真を撮るときに自分の売っている商品の説明は基本的にしない。それでも自撮りの背景に商品が写りこめば何を売っている人なのかがわかります。これは見られる意識があればできる。

そして次、自分を「自分の友達やフォロワー以外の人」にはなかなか見てもらう事ができませんが、これは「タグ付け」してもらう事で可能になります。

それも出来るだけ友達の多い人にタグ付けされると効果的です。または有名な人。

これが「SNSで拡散」するって事ですよね。(^_-)-☆

無理やりタグ付けしたら嫌われますから好かれる方法を考えるといいですね。例えば何か贈り物をしたりすると喜んでもらえて、さらにタグ付けされるというとてもいい話になりますね。

あとは一緒に写真を撮る事でも可能です。これはもう外に出るしかない。それが無理なら来てもらう。誰かと写真を撮る回数が増えれば「タグ付け」も増えると思います。

3:とにかく楽しんで使う

正直僕は「楽しくやっても仕事に繋がらないと意味がない」と考えていました。

ネットショップの皆さんにも言いたい。

SNSは楽しくやらないと仕事には繋がらないのです。

「売上に繋げるためにやるのに、そうならないのなら楽しくないじゃないか!」と仰ることもよくわかります。僕がそうなんですから。

でもやっぱり人に伝わってしまう。「金儲けのために近づいてきた」って。

だからいきなり商売の話なんてしない。友達を増やして、いいねを押して、コメントを入れてコミュニケーションを取る。こうして楽しむんですね。

知ってました?

SNSって「コミュニケーションツール」だって。コミュニケーションを取らずに宣伝に使うような媒体では無いんですって。

ただし、楽しんで終わりじゃダメですよね。

楽しみ方があるんだと思います。

楽しんだ後にちゃんと仕事に繋がるかっていうのを考える必要がありますね。

僕はまだまだ繋がっていないので、繋がったときにはきちんと書きたいと思います。

まとめ

インターネットで自分を見つけてもらう事。

これは本当に重要な事です。

方法は色々あって、その中の一部かも知れませんが5回に渡って書いてみました。

時代はどんどん進んでいきますから、ここで書いたこともすぐに古くなるかもしれません。

でもやらなきゃいけない事は基本的に同じ。

「行動すること」なんですね。

ブログを書く。SNSをやる。動画をやってもいいし、メルマガもOK。

とにかく数多くの発信が見つけてもらうきっかけになるのは間違いないと僕は思います。

 

【あなたがネットで見つけてもらう5つの方法】

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その1

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その2

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その3

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その4

SEO対策をやらなくてもあなたがネット上で見つけてもらえる5つの方法 その5

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2002年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です