トップページでは買って欲しい商品を見せる!

ウチの子供達は機嫌が良いとすぐわかるんです。

何故かと言うと

すぐに「歌をうたいだすから」なんです。

昨日もお風呂場から姉妹の歌声が聞こえてきました。

一人が歌いだすと、もう一人も一緒に歌いだします。

少しくらい喧嘩をしていてもすぐ仲直り。

少し前の写真。またツーショット撮らないと!(^-^;

どうやら僕にもそれは言えるみたいで、

ちょっと鼻歌交じりに用事をしていると

奥さんが「朝から機嫌ええな。どうしたん?」と一言。

「いや、別に。。。」

ホントに何も無いんですが、機嫌よく見えるみたい。

 

そこで考えました。

疲れた時、嫌な事があった時、怒っている時

あえて「歌をうたってみる!」と言う事を。

さて、その歌ですが、何が良いかを考え中です。

悲しい歌はやめた方がよさそうですね(^-^;

 

さて、ブログいきます!

 

お客様は見た商品が欲しくなる!

何度か書いていると思います。

でもまた今日も頭に浮かんだこと。

それは

「人は目に見えた商品が欲しくなる」という事です。

 

トップページに「カテゴリーページへのリンクバナーだけ」を並べているお店があります。

すると、お客様の次のアクションはどうなるか?

当然「バナーをクリック」してもらう事になりますね。

そして次に

カテゴリーページに並んでいる「商品をクリック」してもらう。

ようやく商品ページにたどり着きました。

商品を見てもらうまでに2回クリックしてもらう事になりますね。

 

これを当たり前の行動パターンと思うかどうか。

もし、ここでトップページに

「10週連続1位達成!当店人気ナンバーワンはこちら」(例)

画像は人気ナンバーワンではありませんが、クリックしたくなると思いませんか? ちなみに、この商品ページは僕が作りました。(^^)/

と商品のリンク画像があればどうでしょう?

ワンクリックで商品ページに到達し、しかもコピーライティングの効果で購買率も高くなります。

 

入口商品おすすめ商品のように

あなたのお店が買って欲しいと思っている商品は

必ずトップページから「ダイレクトに行けるリンクを貼る」という事をしてください。

さらに、どのページからもたどり着けるようにします。

 

特に、自社サイトではトップページへのアクセスも楽天市場などのモールよりも多いですから対策が必要なのです。

ランキングを表示させるのも有効ですね。

 

カテゴリーページへの誘導は

コンテンツマーケティングとしては有効ですが

ページのクオリティがかなり重要になります。

それならば

クリック数、タップ数を減らして、出来るだけ早く商品ページにたどり着けることが重要ですね。

 

よろしければ参考にしてください!

では!

 

※無料コンサルやってます!

どんなものなのか?一度やってみなきゃわからないですよね!
売上が少なかったりで支払いが不安な方もこちらへどうぞ(^^)/

 

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です