お客様が決済しやすいかどうかは重要です

先週末、連日の忘年会に参加しました。

まだ来週もう一回あります。

まぁまぁ懐具合が心配な今日この頃です(≧◇≦)

早く「経費だから全然大丈夫!」と言いたいなぁ。

 

でも経費であろうが自腹であろうが「お金」です。

使ったら減ります。

たまに「経費だから大丈夫!」とか言う人がいますが、僕は心の中でいつも「経費もお金やで」と呟きます。

経費だから大丈夫!バンバン使えるって何?

バブル時代じゃないんだからねー(≧◇≦)

 

さて、ブログ行きます!

 

決済方法は選べる方がいいに決まってる!

今朝、子供たちのパンを買ってきたんですが、財布を見ると現金が少なめでした。

帰宅後、慌てて今日の切符を手配しました。

全て「カード決済」で決済です。

 

万一に備えて現金は秘密の場所に忍ばせていますが、それを持ち出さなくても今日はしのげます。

便利な世の中になったものですねぇ。

 

今、コンビニで決済しようと思ったらどんな支払い方法が思い浮かびますか?

僕は「現金」か「楽天Edy」で支払う事が多いです。

財布には「クレジットカード」もあります。

もし財布を忘れてもスマホに「SUICA」が入っている。

あ、最近は「PayPay」もあるよねー。

スマホさえ持っていれば買い物できますよー(≧◇≦)

支払い方法はそんな中から選ぶことができます。

別にそんな沢山必要な訳じゃないですが、あるに越したことはありませんよね。

 

お客様がネットショッピングを楽しもうとする時はどうでしょうね。

欲しい商品を見つけた時に支払い方法が「銀行振込」しか無かったら?

僕なら買いません。

だって面倒だから。

 

「どうしても欲しい商品だったら振込でも買うでしょう?」

「関係性があるから大丈夫」

 

そう言って支払い方法を制限している人もいます。

もちろん買う人はいますよ。

でも、今の時代を考えると「不便だなぁ」と感じるのが普通の感覚でしょうね。

 

「楽天Pay」「Amazon Pay」もあった方がいい。

だってポイントが使えたり、カード情報を入れなくていいのはとても便利な事だから。

 

それでも

「無くてもいいですよね?」

と聞く人が結構いますが、それは自分がお客様だったらという立場で考えてみてください。

物理的に無理な場合(審査が通らない)や、一日も早く開店しなければならないなど以外は使えるようにしたいですね。

 

まだカード決済出来ないお店はもう一度考えてみましょう。

「それでも自分は振込だけでいきます」

というお店があっても良いです。

でも、売上が上がるようにそれ以上の工夫をしてくださいね。

 

では今日はこの辺で!

今週末も忘年会楽しんできます~♪

 



 

お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

 

お試しコンサルのご案内

「あなたは年末を家族で笑って過ごせますか?」
皆さんのお店の売上アップをお手伝いし、家族に笑顔を取り戻しましょう!

森です!五十肩ですが頑張ってます!笑

コンサルティングってどんなものなのか?
一度やってみなきゃわからないですよね!

売上が少なくてコンサルが申し込めない。そんな人も「お試し」なら大丈夫(^^

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です