楽天市場とYahoo!ショッピングでの「売れる商品タイトル」の付け方

rakuten_yahoo

アクセス数を増やしたい場合、ホームページであれECサイトであれ、「SEO対策」を行う事は皆さんご存知だと思います。

検索された場合に上位に表示させればアクセスは多くなり、下位に沈めばアクセスは少ないと言う事です。

広告とは違い、検索対策を自力でコツコツとやる事にはお金がかかりませんから、僕はとっても重要だと言っています。

楽天市場であれ、Yahoo!ショッピングであれ、どちらもモール内での検索結果を上位表示させるようにする事が前提です。

商品名はブログタイトルと同じように、そのページのタイトルと考えましょう。
当然、何が売られているのか。そのページに何が書いてあるか。がわかる必要があると言う事です。
ブログのSEO対策をやられる方はご存知だと思いますが極めて重要となります。

ここではその極めて重要である「商品タイトルの付け方」について、最近の情報を中心に皆さんにお知らせしておきます。

楽天市場の場合

左から順に重要度が高いキーワードを入れると良いというのが一般的な考え方です。
キーワード毎に「半角スペース」で区切りを入れます。
全角では無く「半角」空けるというのがミソです。スラッシュ「/」でも構いません。

記号を使って目立たせるのもOKです。【】や!も有効です。
文字数は20~30文字程度が良いでしょう。
以前は多いほど良いとされていましたが今は違うようです。

表記の「ゆれ」にも注意が必要です。
例をあげてみると、
「ダイヤモンド」なら「ダイアモンド」「だいやもんど」「だいあもんど」
「引っ越し」なら「引越」「引越し」「引っ越」「ひっこし」
のように、様々な表記を入れておく必要があります。

Yahoo!ショッピングの場合

基本的な考え方は楽天と似ています。
ですので、違う部分だけを記しておきます。

まず、商品名に「記号」を入れるのはNGです。
減点の対象となってしまい、ランクが下がります。

文字数は短い方が良いとされています。
ただ、短すぎると検索キーワードが少なくなりますから20文字程度であれば問題無いでしょう。

楽天とは違い、表記のゆれについてはほぼ考えなくても良いです。
「ダイアモンド」で検索すると「ダイヤモンド」としか記載されていない商品も表示されます。

 

このように、SEO対策を考えた時には商品名を入れる際にも違いが出てきますので注意が必要となります。

楽天市場で出店していたお店で、そのままの状態でYahooショッピングに移してしまうと減点の対象となってしまうお店もあると言う事です。

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら(電話料金負担のためこちらから折り返します)

直通電話
090-1890-1364
(電話料金負担のためこちらから折り返します)

メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)


【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です