基本をしっかりやらないと広告を買っても売れない理由

pen
お店をオープンして基本的な事はやった。
コンサルタントの言う事はそのつど実行している。
それなのになかなか売れない。

こんなお店が多いのではないでしょうか。
僕のお客様も同じような感じの悩みを持っています。

先日の記事で「楽天市場は広告で売るお店」であるような記事を書きました。
それはそれで間違っていないと思います。
でも今回は、「広告さえ買えば売れるのかと言えばそんな事は無い」という事を付け加えたいと思います。

同じ広告を買っても、売れるお店と売れないお店があります。
それは準備に差があるからです。

売れるお店は準備をしています。
計算をしてやっているか、計算しなくても出来ていたか。
そこはどちらでも良いのです。
どちらにしてもお店として準備が出来ているという事です。

その準備とは何かというと
「基本的なお店作りをきっちりとやっているか」
そして
「もしかしたら売れないかもしれないからこんな事もやっておこう」
と思いつくかどうか。

売れないお店は大体どちらもやりません。
広告を買って、売れなければ担当者に文句を言って終わりです。
自分の準備不足だというふうな考えにはならない。

売れるお店は全て自分の責任でやっています。
広告を買うのは自分の責任。
結果が出なくても自分の責任です。
だから結果が出るようにするのも自分の努力です。

12色のカラフルなボールペンを売るとします。
そのページから12色選べるようになっているのは当たり前。

例えば12色セット商品のリンクも貼ってある。
違う形のボールペンも欲しいかも。
他の商品も見てもらえるようにしておこう。
スマホサイトを充実させておこう。

そんな風に考えを巡らせ準備できるかどうかです。
なかなか売れないから広告を買った。
たまたま売れる事もありますが、準備をしていればもっと売れたと思います。

ただし、こうした事は広告を買おうと思う前からやっておけば慌てる必要はありません。
もっと言えば、基本的な事をやりつつ考えを巡らせて実行に移す事をやっていれば広告を買わなくてもそこそこ売れるようにはなるものです。

ネットショップの構築に必要な基本が出来ていない為に売れていないお店はたくさんあります。
あなたのお店は大丈夫ですか?

基本を知りたい方は恥ずかしがらずに質問してください。

知らないのに知っているふりをしても得する事は何一つありません。

質問はこちらからお待ちしています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です