「次の売上につながる」手を打ちましょう!

DSCN1321

こんにちは!

家族経営で300万越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

 

オープン間もないお店のレビューが少ないのは当たり前の事ですね。

でも、そのレビューが少ない事で検索順位やお客様からの信頼に影響を及ぼすのもまた事実。
ですから楽天市場のECコンサルさんも「レビューを増やしましょう!」と教えてくれます。
しかしここで誰もが疑問に思うはずです。
そもそも売上が無いのにどうやってレビューを増やすんだ?ということ。

先述のECコンサルタントさんは大抵「入口商品を作りましょう!」と言いいます。
入口商品とは購入のハードルを低く設定して「儲けを度外視してとにかく売る」と言う考えで作る商品の事です。
ともかく買ってくれる人がいなければ始まらないという考え方です。

この考えは間違ってはいません。
買ってくれる人がいて初めて数字が発生します。
そしてその人が「レビュー」を書いてくれれば「数」は増えて行きます。

しかし、それだけで終わっていてはただ「安かったから買った」という人を増やすだけになってしまいます。
その人たちからのレビューも「上辺だけの声」になり、リピートも含めた次の購入者を増やすには至らない事になります。
最終的に「安いものが欲しい」お客様だけを集めていたのでは意味が無いのです。

そこでやらなければいけない事は何でしょう?
それは買ってくれた後の事を考えておく事です。
もしくは訪問者に何かを伝える事。
フロントエンドとバックエンドと言い方があります。
入口はここだけど、出口はここですよと案内しなければなりません。

あなたのお店が本当に買って欲しい商品(バックエンド商品)は何かをお知らせする。
それを買うとどうなるのかをきちんと教えてあげる。
他にどんな商品が人気なのかを見せる。
お店とスタッフの気持ちや写真を送る。
手書きのお手紙を入れる。
他にも色々あります。

つまりは「先を見て手を打つ」と言う事になります。
これは広告を買っても同じ事です。
ただ広告を買ってアクセスを増やしただけではその商品が一時的に売れたとしても、次はまた広告で売らないといけないという事になります。
こうやって広告を買い続ける事でしか売れないお店がたくさんあります。
これでは経費が圧迫して将来的に運営が難しくなったり、商売そのものが楽しく無くなってしまう恐れがあります。

やらないよりやった方がいい。
それはそうです。
でも、どうせやるならもうひと頑張りしてみませんか?

もしアクセスが増えたら次はどんな行動をとって欲しですか?

どの商品の魅力を伝えて買って欲しいと思っていますか?
他にも見て欲しい商品があればクリックしやすい位置に掲載していますか?
お店やあなたの想いを伝えていますか?

やれば売上に繋がります。
やらなければ売上は伸びない。

簡単な事です。
ただ、実際にやるのが手間だったり時間が無かったりするだけです。

やる方法を聞いて、それを実践する人だけが売上を上げる事ができます。
頑張って下さい!!

 

あなたのお店の具体的な売上アップ方法をお教えします。
年末までに是非次の手を考えましょう!!

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら(電話料金負担のためこちらから折り返します)

直通電話
090-1890-1364
(電話料金負担のためこちらから折り返します)

メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)


【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です