自分で考えないといつまでも自分で売れるお店にはできない

PAK86_atamawokakaerudansei20131223-thumb-815xauto-17229お客様の中に「勘違い」をしている人がいますので少し書きます。

その勘違いとは
私に言えば「全ての答えを教えてくれる」と思っている事。
私が「答えを売っている」と思っていると考えている。

これ、違います。

私は答えを言う時もあります。
そこから具体的に考え方を説明するために必要だからです。
その答えを見つける為に。

何をしているかというと、自分でその答えを見つける為の練習です。
そうしていくうちに自分で色んな事を見つけられるようになります。

私に聞けば答えを出してくれる。
その為にコンサルティングを申込むという人はちょっと待って欲しいのです。

もしその考えでコンサルティングを依頼してしまったら、それは私が考えたお店になります。
そして私がいないと成り立たないお店になるかもしれません。
それでも良いと思う方もいるかも知れませんが私の考えは違います。

お店を運営するあなた自身が考えて、自分で集客できるようになる。
自分が育てて売上を生むお店を作る。

そういう事が出来るようになって欲しいのです。

答えを出してくれる事を求めて頼りきる事は楽かもしれません。
でもそれはテストで他人に答えを出してもらいそれを記入して良い点を取るのと一緒じゃないでしょうか?
それは決して自分の実力ではありません。
次に自分の力を試さなければいけない時には全く答えがわからない事になります。

だから実力をつけなければいけない。
その為には答えを求めるのではなく「やり方」「ヒント」を学んで自分で考えないといけないのです。

自分が考えるのでは無く、お金を払って答えを買い続ける方法もあります。
それはコンサルティングを受けるのとはまた違うやり方です。
私は答えを売っていません。

「手っ取り早く売れる答えを教えてくれ!」

申し訳ありません、他を当たって下さい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です