SEOが先か、ページの充実が先か

今回と同じような記事が以前にもあったと思いますが、いつも思っている事を改めて書きます。

このブログでも散々言っていますが、やはり「ネットショップに来てもらえなければ始まらない」のはその通りで、この事は先日の記事「ネットショップは先ず誰かの目に触れなければ始まらない!」でも書いた通りです。

それならやはりSEOを重視すべきだろう。
そう思う人も多くいると思うし、私自身もそう思う時がある。

 

それでもあえて言うと、やはりページ作りが重要です。

それは、「ページを充実させること」正にそれこそが「SEO」であるからです。

SEIKO製の腕時計を売りたいというお店があるとします。

img-1596-1私がこんな時計がプレゼントされたらとても喜びます!

ここでページ作りを考えた時、SEO的にはこうです。

「腕時計」
「SEIKO」
「商品名」

そしてその商品の良さや規格を「説明文」に表記します。
さらに良さや大きさなどが伝わる「写真」を掲載する。

これで商品ページが出来上がります。

でも、これでは全然「充実していない」商品ページになります。
「充実していない」とは「選ばれない」と言いかえることができます。

選ばれる商品ページにすれば、すなわちそれが商品ページの充実に繋がります。
そして、その事が「SEO」をしている事にもなるのです。

「SEIKO」の「腕時計」を「どんな人」に向けて売っているか。
これを考えるだけでも充実してきます。

「どんな人」かに加えて「なぜか」を考えてみます。

「新入社員」「入社祝い」の為に
「父の日」「喜んでもらえる」ように
「彼氏」への「プレゼント」として

そこに「何故選ぶのか」も加えます。

「一人前に見える」「落ち着いた雰囲気」「カッコイイ」
他にも色んな「選ぶ理由」があると思います。

それらを想像しながら、商品説明や写真を使ってページ作りをしてみる。
そうすると、それが「ページの充実」になり選んでもらえるものとなり、その上「SEO」で検索されやすい商品ページになります。

父の日に落ち着いた雰囲気の時計を考えている人が、そのキーワードで検索した時、きちんとそのイメージで作られた商品ページに辿り着けば、それはお客様にとって有益なページに他ならない。

お客様にとって有益なページ作り。

ここを考えておけば無理に「SEO」など考える必要は無いと言う事ですね。

 

※「SEO対策」という言葉には以前から抵抗がありましたので「SEO」と表記します。
※「ホームページ」も同様に「WEBサイト」表記します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です