ネットショップだけが上手くいかないのではなく商売がうまく行っていないと考える

自分のやっている仕事がネットショップだから、ネットショップについて勉強する。

これは正しい。

でも、人には性格や個性があって同じことを勉強しても結果は異なります。

私のコンサルを受けている人もそうです。
同じことを聞いているはずなのに、お店ごとに結果は異なります。
やっている人が違うからです。

中には「ネットショップ」だからうまく行かないのかというとそうではない人がいます。

ネットショップであろうが、実店舗を構えていようが商売は商売です。

ネットショップだからうまく行かないけど、実店舗だったら売れるなんてことはあまりない。
売れない人は何をやっても同じような結果になる。
つまり、売れないという事になります。

もしそうなら、私がやっている「ネットショップ専門のコンサルティング」が必要かどうかも考える必要があります

私はネットショップの事はよく知っています。
だからネットショップのコンサルティングをしてほしいと言う人の気持ちもわかるんです。
テクニックやわからない事があればすぐに解決できますからね。

でも「経営」という観点から見ると、ネットショップにこだわる必要もないと私は思っています。

例えば名古屋の高橋浩士先生がされている

「個人事務所、個人店、中小企業向けコンサルティングサービス」

というものがあります。

image高橋先生とツーショット写真
やっと使えました! 

高橋先生はあなたの商売であるネットショップの事を教えてくれるのではありません。
でも、これから初心者が経営を進めていくうえでの考え方や基本などはしっかり教えてくれると思います。
あなたがまだ経営をよくわかっていないのなら、まず学ぶべきはそこかもしれません。

自分にとって必要な事は何か。

ここを考えずにネットショップのコンサルティングを受けても結果には結びつかない。

そう考えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です