有益な情報を発信して「入口」に変えよう!

繁盛するネットショップを運営している人は様々な入り口を準備しています。

その入り口がたくさんあることで「検索されやすくなる」からです。

有益な情報はその検索に対して非常に有効です。

例えば私が最近やり始めた「靴磨き」があります。

「靴磨き」で検索すると色んな情報が出てきます。

でも「靴磨き」という商品を求めているわけではありませんからお店を直接見たりはしません。

「磨き方」という方法、手段という情報を見たいというのが先になります。

すると、目にする媒体は決まってきます。

「ブログ」か「動画」です。

洋装のオーダーメイドサロン「Atelier BERUN」より

あなたが何か商品を売っているとき、その商品を使って何を行いますか?

ゴルフショップなら「飛ばし方」などの技術論。
器や食器などを扱うなら「テーブルコーディネイト」などでしょうか。
食材ならやっぱり「料理」に関連してきます。
道具のたぐいなら「使い方」になります。

お客様はその商品が欲しいと思う前に「何か別の問題」を抱えています。
そしてそれを「改善したい」「こうなりたい」と望んでいます。

あなたが販売している商品は誰かの問題を解決したり、希望を叶えたりしませんか?

もしそうなら、その商品を使って実際に出来ることを教えてあげるといいです。

その情報を望む人がきっといます。
その情報は多くの人がアクセスする可能性があります。

そして、その情報を入り口としてお店に来てもらいましょう。

300ヤード以上飛ばす女性プロゴルファーが使用するドライバーはこちら
急な来客に困らないコーディネイトで活躍する食器を揃えませんか?
繁盛店は使っていた「隠し味」プロが勧める調味料はこちらから
使い方を知ってしまえばホラ簡単!初心者のためのギターアンプ

こんな情報はインターネットではアクセスを得られます。

有益な情報だから

これをネットショップの商品説明でやってもいい。
いいんですけど、お店でやると売り込み臭くなることが多いです。

だからなるべくお店の中ではなく、別の場所で発信するのがみそです。
転換率を上げるのが目的ではなく入り口を増やすことを重視していますから。

 

商売に使うブログや動画は意味のあるものにしたいですよね。
そのためには検索したくなる、見たくなるような情報発信が有効です。

そんな話は何度も聞いたことがある。
でもやっていない。
やっているけどアクセスなんか増えない。

わかりました。

私がアドバイスします。

1店舗1回のみ「無料」でお答えします。

こちらからぜひご相談ください!

2~3日かかる場合がありますが、出来るだけ早くお答えします!

ご遠慮なくどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です