あなたがハマった「売れないパターン」からの脱出方法

コンサルティングをしていると不思議に感じることがあるので書いてみます。

「一体この人はやる気があるんだろうか?」

そんな風に感じることがあるのです。

おかしいんです。
そんなはずはないのです。

だって、やる気が無ければそもそも商売をやろうとは思わない。
私のブログを読むことも無いだろうし、ましてコンサルティングを申し込むなんてことはありえないはずです。

でも、コンサルをしてみると感じるのです。
言ったことをやらないのです。

当然私は思う訳です。
どうしてやらないのだろうか。
何故やっていないのだろうか。

でもね、突っ込んで話を聞いてみると、やはりやる気が無いわけではないのです。

やりたいし、やらなければいけない。
何とかしたいのです。

でも、売り上げが上がらない。
やることなすことうまく行かない。
結果が芳しくない事で心が折れてしまう。

だから、「他のことをやってしまう」のです。

いつしかそれが日常になって、やらない事が普通。
そして売るためにやることが特別な事になってしまう。

やらない人、出来ない人は決してやる気が無いわけじゃないのです。

いつしか「やらない、出来ない事が日常」になってしまった。
特別はやはり特別なんです。
継続しない限り特別なままです。

wysiwyg_gmd_baba02ea2a708bea79a4心が折れてしまっていませんか?

 

パターンですね。

自分でやらないパターンを作っているのです。

だから私は、それを解消する方法は反対をやるしかないと思っています。

少しずつでも、「やるというパターンを作っていく」事です。

日常の「当たり前」を変えていく。

「忙しくてできない」のは他のことをやっているからです。
そちらを優先させていれば当然新しい事は後回しになります。

だから順番を変えるしかありません。

やる気はあっても、すでにハマってしまった「売れないパターン」を変えなければ、やらない自分がいつまでも続く。

パターンを変える方法は何か?

私のように今までやっていなかった「一人朝活」という新しい「ルーチン」を作ってみるのも一つでしょう。

奥さんや子供の写真を貼っておくことも効果があるかもしれない。

誰かに頼んで無理やり背中を押してもらう事も必要かもしれない。

それらを一時的なものではなく「パターン」として作ってしまう。

やるのが当たり前

歯磨きのように
洗顔のように
職場に出かけるように
息をするように

苦痛とかではなくて当たり前になるように。

やる気は出さなくていいのです。
頑張らなくても良い。

当たり前になれば出来るようになると思います。

今日から一つ、新しい事を当たり前にしてみてください。

 

ご希望があれば私が喜んでその背中を押します。
一度相談してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です