楽天が二重価格問題で火消しに奔走している件

yuo_rakuten_01こんにちは。
ホームページ集客アドバイザーの森です。

昨日、楽天のECコンサルの方から電話がありました。

用件は
「2重価格問題に関する対応のお知らせ」

問題が発覚してからの楽天の対応ぶりを見ていて
僕は僕なりに色々と感じるところがあったので、
そこのところをお話させてもらいました。

楽天側としては、
お店の責任ではあるが、統括する楽天市場としても「何もしない」訳にはいかない。

そこで、すでに企画および通達中である「買い物マラソン」(すでに中止が決定)や「スーパーセール」の中止を検討中であるとの事。

僕は話を一通り聞いてから、考えていた事を担当ECには話をした訳ですが、その内容はこんな感じ。

セールを止めれば当然想定してたものより売上が下がる。
これでは店舗側はたまらない。
不祥事は不祥事で当事者がきちんと対応すればよい。
その上で企画自体は不祥事を起こした店舗以外でそのまま行い、楽天とその加盟店はお客様にその審判を委ねてはどうかというもの。

まぁ、普通の意見です。
一意見として流されるだけでしょうが、とりあえず言いたい事は言いました。

この件は、どうも僕には問題の責任を加盟店側に押し付けて解決しようとしているように見えます。

自分は悪くない。
悪いのは言う事を聞かなかった店舗。
ルールを守らないお店が悪いから、お店に責任を取らせます。
ただし、監督不行き届きだったのは認め、楽天としても謝罪します。

こんな感じですね。

この対応を見て、僕は憤りを感じたりはしませんでした。
やっぱりなぁと思った。

楽天が一番恐れるのは「世間の評判」です。
一般の顧客が離れてしまっては、楽天市場は存続できないからです。
自分が悪いとは思っていても言わないでしょう。

その一方で加盟店舗側はないがしろにされている印象を持っています。
「いつも損をするのは店舗だ」
過去の色んな経緯からも、そう感じているお店や人は少なくないのです。

この1件も含め、ヤフーショッピングの完全無料化も絡んだECモール大手の競争がどうなるのか。
今後の動きに目が離せません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です