今すぐできる!選ばれる「母の日」商品ページを教えます!

昨日のコンサルティングでお話ししたネタの一つを公開します。

母の日が近いという事で、皆さん色々と工夫されています。
でも「惜しいなぁ」と思うお店も結構あるんです。

例えば、通常の販売とプラスして「母の日用無料ラッピング」を準備しているお店がある。

1460380375_aaee928eef_o1

とってもいいと思います。

でも折角考えて用意したそのサービスが、お客様に届いていない場合があります。

例えばこんな場合

トップページやヘッダ、フッターにバナーで告知している

お知らせとしてはいいと思います。
目に触れる可能性も結構高い。
でも、リンクページもなくて、それをどうやったらそれを依頼できるかがわからない。
これでは「母の日ラッピング」はあるとわかっても、そこから問い合わせをしたり自分であれこれ考えるのがかえって面倒に感じてしまいます。

案内ページを用意している

ラッピング用のページを別に作って案内をしているお店があります。
思考としてはとても優しい。
でもお客様はその別ページに必ず気づくだろうか。
そしてそれを見てくれるんだろうか?

ラッピングご希望の方はお問い合わせ欄にご記入ください

ラッピングはどんなものか、商品ページに記載してあるお店もあります。
その商品ページしか見ていない人にとっては必ず見てくれる手段です。
でも希望する人が意思表示する方法は「問い合わせ欄に記入」はもったいない。
商品ページには無い「問い合わせ欄」の事を言われても不安になるだけです。
そして記入しなければならない事が面倒と感じる人も結構多いですよね。

このように、折角考えてラッピングを準備してもそれが伝わらなければ選ばれないし、いいと思ってもお客様にとって面倒な作業があればそれもまた選ばれない理由になってしまいます。

惜しいです。

もう少しです。

正解を書きます。
母の日ラッピングを選んでもらう方法は以下の通りです。

1:「母の日ラッピングあり」と商品名に書く
2:「ラッピングの画像」を商品ページに掲載して選べることを明記する
3:「無料」か「有料」かをすぐわかるようにしておく
4:「項目選択肢」の機能を使って選んでもらいやすくする
5:第三者にラッピングの感想を聞き「声」を数件掲載しておく

以上です。

母の日のプレゼントを探している人。
そして、ラッピングを選べる事が便利だと感じる人。
それが無料か有料かがすぐにわかり、自分の希望を同じページで選べる。
さらに、それを選んでどう良かったかを書いている人がいる。

後は選ぶ人の好みや趣味の問題です。

せっかく来てくれた人、商品が気に入ってくれた人を逃がさないために「お客様の視点」になって考える事は重要な事です。

頑張ってください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です