サプリメントの売り方はどうすればいいのか?

how-to-use-supplement_1

たまに「サプリメント」の販売についての相談をいただきます。

この商品のアドバイスって物凄く難しいと思ってました。

正直言って苦手だったんです。

 

それは

「薬事法」等で言ってはいけない、書いてはいけない事があるからです。

それを言わずに売る事なんてできるのかと思っていました。

ただ、経験を重ねてくると見方も変わってきて、今はそれ程苦手だと思わなくなっています。

 

では、サプリメントはどのように売ると良いのか?

 

勿体をつけていますが、
実はサプリメントだけに限った話ではなく、どんな商品でも当てはまる話しなんです。

 

それは

「その商品を手にした人が将来得られる姿を見せる」

「その商品によってどうなるかを想像してもらう」

と言う事です。

 

サプリメントというのは、現状を変えたい人が欲しいと思う商品です。

ある意味「悩みを解決してくれる」商品ですね。

だから、あなたの悩みがどのように解決されるのかを書くことで、その商品がもっともっと欲しくなります。

 

膝が痛い人に向けたサプリメントは「膝が痛く無くなります」と書くことはできません。

でも、「階段の上り下りが楽になります」とか「子供や孫と遊べるようになりました」などはOK。

 

症状の改善、回復、治癒をうたうのはダメです。

でも、未来の姿としてどうなる可能性があるのか。

そこを書くことはOKなんです。

そしてそれこそが、お客様にとって本当に欲しいものと言う事です。

 

サプリメントでもどんな商品でも同じです。

あなたが売っている商品は何でしょう?

その商品ではなく、その商品を使って得られる未来では無いでしょうか?

 

後は自分と同じような人の声がたくさんあることで信頼度も上がります。

サンプルを用意する事で失敗の不安を取り去ります。

 

後はあなたの頑張り次第です。

情報発信を頑張っても良いし、広告を買っても良いでしょうね。

 

 

あなたの商品についての個別相談はこちらから受け付けています。

無料相談は今月あと1件です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です