ブログを書いてもお店の売り上げに結びつかない方へ

N8EvXRDPeCtPKwBHg766M4

ブログを書いてもお店の売り上げに結びつかない方がいます。

折角書き始めたのにやめてしまうのは、これが原因だと言う人が多いですね。

もちろん、

書いても誰も読んでくれないのではやっている意味がないと思うのは当然の事です。

 

でもね

ブログの内容や書き方も左右される要因ではありますが、それは前回も書いたように「書き続ける事」で解消されるものです。

最初からいきなりアクセスが集まるブログを書いている人はそんなにいません。

ほとんどの人が試行錯誤してアクセスを伸ばしてショップの売り上げに結びつけています。

 

ただし、知っておいたほうが良いコツがいくつかありますので紹介しておきます。

 

1)記事タイトルに全力を注ぐ!

インターネットの検索で重要視される項目があります。

ブログの場合は「タイトル」が一番重要です。

だからここに「検索されるキーワード」を入れておくのです。

 

「BBQ」「肉」「セット」で私が検索すると出てくるようなタイトルは何か考えるのです。

「BBQ用のお肉セットがインターネットで人気って知っていましたか?」とか

「もうBBQのお肉選びで困らない!厳選4家族14~16人用セットが売れている理由!」

とかとか。

 

まずは検索されたときに出来るだけ上位に表示されることです。

それにはタイトルに全力を注ぐ事が重要です。

 

2)記事にはできるだけ写真を入れる

これは私が他人のブログを読んでいて思う事ですが、やはり読み手は「写真」があった方が読みやすいです。

イメージが涌きやすいと言った方が良いですね。

文字ばかりだと理解しにくい事が写真と結び付けることでスッと入ってくることがよくあります。

記事とは関係ない写真の場合はお店や自分の写真を載せておくと、リアル感が出る効果もありますね。

 

3)お店や商品のページのリンクを貼る

これはすごく重要です。

でもやっていないお店が結構あります。

 

せっかくお店や商品に興味を持ったのに、その商品をすぐに買う事ができないとしたらもったい無いですよね。

欲しいから検索して探す人もいるでしょうが、そこまでしなければならないお店って優しくないでしょう。

 

興味を持った人が次の行動に移れるようにしておかなければブログを書く意味がないと言っても良いくらいです。

 

くれぐれも認識しておいてださいね。

ブログはショップへの入り口であるという事を。

 

記事の最後に必ずショップのURLを貼ってください。

読者に買ってほしい商品ページを知らせてください。

リアルショップなら記事の最後に住所や地図、電話番号を載せましょう。

ただ記事だけ書いても結果に結びつかないのはそういう事も大きな原因です。

 

どうですか?

これまでやってきて出来ていない事はありませんか?

どれも今すぐ始められる事ですので今日からやってください。

 

もっと詳しく知りたい方はブログの専門家のページを見て勉強してみてください。
(Facebook等でお付き合いさせていただいています)

■麦田さんのブログ

■七星さんのブログ

私も勉強させてもらっていますが、とてもわかりやすいです!

 

もちろん、ネットショップのブログの書き方というのもあります。

そこらへんはまた詳しく記事で書くことにします。

ではまた次回!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です