どうやってお店にアクセスを集めるのか

ネットショップを開設すると重要になってくるのは「アクセスを集める」ことです。

どんなお店であってもサイトへのアクセスが無ければ決して売れる事はありません。

お店へのアクセスはどのようにして集める事ができるのか。

そこを知るか知らないかがネットショップの運営において非常に重要になってきます。

 

アクセスを集めると言うとすぐに思い浮かぶのが「SEO」です。

SEOは非常に重要です。

ただし、ほとんどのお店はそれをやっています。

やっているのにアクセスが集まらない。

 

それには理由があります。

その理由は

 

多くの訪問者はあなたのお店を探しているのではない

 

と言う事です。

ここに気がつくと、何をやるべきなのかが見えてきます。

 

次の例を見てください。

 

googleで「敬老の日」「プレゼント」と入力して検索してみた結果です。

名称未設定-1

 

わかりにくい方は画像をクリックすると大きく表示されます。

 

上位2件は広告ですね。

3,4件目はそれぞれ楽天市場とYahooショッピングの特集ページが出ています。

大手モールで購入したい方はこれらのリンクをクリックすると思います。

 

さて、その下の表示はどうでしょうか。

名称未設定-2

 

高島屋、アマゾンの特集ページがあります。千趣会の運営する花屋さんもありますね。

1ページ目はほぼ大手サイトの特集ページになっています。

2ページ目に移っても結果は似たようなものです。

小さなお店がこのキーワードで上位表示されることは難しいようです。

 

それではキーワードを変えてみましょう。

「敬老の日」「喜ばれるプレゼント」

にしてみます。

するとこんな感じになります。

名称未設定-3

大手モール以外に入ってくるのは「まとめ系」のブログサイトです。

前にも書きましたが、検索するキーワードを増やすとこうした情報系ブログが上位に顔を出してきます。

これらのサイトが上位に来るのは、やはり「求められている情報を提供してる」と言う事が大きな理由です。

googleはニーズの高いサイトを上位に出そうとします。

お店が売ろうと思っていくら頑張っても役に立たないサイトは上位に表示されません。

 

「敬老の日には何をプレゼントすれば喜ばれるのか」

 

検索する人はそこを知りたいわけです。

あなたが売りたいものには興味がない。喜ばれるものを教えてほしい。

 

だったら教えてあげないといけませんよね。

あとはどうやって教えてあげるかです。

直接お店の中で教えてあげてもいいのですが、お客様は最初からお店の中に来てくれません。

 

だからやっぱりブログになります。

敬老の日は何を送ればいいのかを教えてあげてください。

そして、あなたのお店にあるものの中で喜ばれるものがあれば、それをまた教えてあげる。

何故喜ばれるのか。

誰が買ったのか。

喜んでくれたのはおじいさんかおばあさんか。

細かく教えてあげてください。

 

後はお店や商品ページのリンクを貼るだけですね。

 

もう一方的に売ろうとしても売れない時代です。

インターネットを使う人はどんな使い方をしているのか。

どうやってお店にたどり着いて、どんなお店から買っているのか。

 

知っているのと知らないとでは大きく異なります。

 

まずは「役立つ情報発信」から始めてください。

時間はかかっても必ずお店のアクセスは増えてきますから。

 

頑張りましょう!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です