お店にアクセスを集めないという考え方

画像 運動会②-620x372

皆さん、アフィリエイトってご存知ですよね。

自分で商品を仕入れて売るのではなく、他のお店が売っている商品を宣伝してリンクを貼ることで売れると紹介料みたいなものがもらえる仕組みです。

アフィリエイトであっても商品を売るという事については変わりがありません。

多くの人はブログなどで商品を説明して興味を持ってもらい、そこからネットショップの商品ページへリンクを貼っています。

人によりますが、このアフィリエイトでかなりの売り上げを上げている人もいます。

利益はかなり低目ですが、なんといってもメリットは「仕入れ」と「配送」の必要がない事。

お小遣い稼ぎ程度ならネットショップをやるよりも断然お勧めできます。

 

私はここで「ネットショップよりもアフィリエイトをやった方が良い」と言いたい訳ではありません。

問題はその仕組みです。

 

皆さんは一生懸命「お店へのアクセス」を伸ばそうと考えます。

売っているのはお店ですからお店に来てくれなければ売れようがありません。

でも、お店を知ってもらったり、商品を知ってもらう為にわざわざお店まで来てもらう必要があるかというとそうではありませんね。

 

どこかで宣伝されていたり。

誰かが紹介していたり。

お店がお金をかけて特別な何かをしなくても、お店に来てくれる流れはありますね。

 

誰かがどこかで紹介すれば、お店に来て買ってくれる人がいる。

 

これって自分でできませんか?

という話です。

 

もう何が言いたいかわかる人はわかると思いますが

そう、ブログやSNSで商品を紹介してリンクを貼ると言う事です。

 

それを知らない誰かがやってくれるのがアフィリエイト。

それだとその人にマージンが発生します。

でもお店の誰かがやればマージンを払う必要がありません。

自分で自分のお店のアフィリエイトをやればいい。

「自分アフィリエイト」です。

前にも書いたかな?

 

アフィリエイターはものすごく魅力的な紹介をしているから、そのままの流れでお店に行って買う人が多いんですよね。

だから、商品ページがそんなに魅力的じゃなくても売れるケースが多いんです。

だってアフィリエイト経由だとちゃんと説明されてからお客様がお店に来るので商品ページで説明する必要ないですからね。

 

だとすると

ブログやSNSでネットショップの売り上げを上げようと思っているあなた!

商品ページに行ってもらったら説明が書いてあると思っていたりしませんか?

アフィリエイターがやっているように、商品ページよりも魅力的な情報をブログやSNSで出来ていますか?

 

ネットショップのアクセスを増やすためにブログやSNSをやるのなら

商品ページの説明以上に魅力的な説明が無ければだれもショップへ行って買おうなんて思ってくれません。

 

そこを間違えてしまうと、写真を撮ってリンクを貼るだけのような魅力のない投稿になってしまいがちです。

それではせっかく情報発信しても売り上げにつながらないのは当たり前なのです。

 

お客様にとって魅力的な情報発信

 

そうするとブログやSNSのアクセスが増えます。

結果的にショップにアクセスが集まる。

そういう考え方で情報発信をするといいと思います。

 

頑張ってください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です