楽天市場の広告を買うかどうか迷っている方へ

IMG_6097

「広告を買うかどうか」

楽天市場で出店している人なら一度は考えたことがあると思います。

開店当初などはアクセスも極端に少なく、SEOなどをやっても多くの参加店舗に埋もれてしまってなかなか売上が上がっていきません。

ですから何とかアクセスを増やしたいと考えるお店は広告も選択肢に考えざるを得ないという事になります。

 

僕がこれまで関わったショップの皆さんからも何度も相談を受け、その結果広告を買った人は何人もいました。

そうした中で僕は「広告は買わない方が良い」と思うようになっていきました。

理由は簡単です。

「広告料金の投資に対するリターンがほとんどない」

という結果が続いたからでです。

買っていた広告はそれ程高額なものではありませんでした。

僕がかかわるお店は相応の資金を用意しているお店は少なく、少額の広告から試す以外無かった事から「サーチワード広告」や「CPC広告」がメインで、その他開店初期に用意されている少額の広告を購入する訳です。

低価格の広告を買った結果だけを言うと、先に書いたようにほとんど売り上げに繋がりませんでした。

これらの事から、僕は「広告は買わない方が良い」と思うようになったんです。

また、結果に結びつかないという思いを持っているところに楽天市場の担当ECコンサルタントから「広告の紹介」が頻繁に来ることから「広告を買う事に対する不信感」のようなものが生まれ、広告に対する拒否反応が出てきました。

 

ただ、一方で「広告で売れた事実」も少なからずあります。

この広告は上記のような「低価格の広告」ではなく、楽天市場のトップページからリンクを張られた特集などの広告です。

これらの広告は比較的高価だと思いますが、低価格の広告を何度も買う事と比較すれば効果は高いと感じました。

ただし、この広告で効果を得られるのは「利益率が高い商品」「低価格で提供できる商品」「充実した商品ページ」といった条件を満たしている必要があります。

もし、利益率が低く、割引率も低いもので、商品ページが粗末なものだとしたら、高額な広告を買っても良い結果は得られないでしょう。

 

ここまでの話で僕の考えをまとめると

「低料金の広告=広告コストを抑えられるが効果が低い」

「高価格の広告=ある程度の条件を満たしていれば効果が得られる可能性は比較的高い」

という事になります。

 

つまり、楽天市場で開店初期からアクセスを稼ぎ売り上げを上げるためには

まず「利益率の高い商品」「低価格で販売できる商品」を用意したうえで「充実した商品ページ」を制作する必要があります。

そのうえで「広告用の資金」を準備したうえで「高額でも効果的な広告」を購入する。

そうする事で開店当初からでも、多くのアクセスと売上を稼ぐ事は可能になります。

 

広告で結果を得られない人はこの反対をやっている可能性があります。

「価格を含めた魅力的な商品」を用意せず、「あまり魅力のない商品ページ」のまま、「低価格の広告」を買ってしまっている。

これではほぼ広告で良い結果を求める事は無理だと思います。

 

広告を買う事は悪い事ではありません。

何の準備もなく広告を買う事がダメだということです。

広告を買うかどうかで悩んでいるなら、その前にしっかりこれら準備することが必要です。

 

楽天市場の広告でお悩みの方は一度ご相談くださいね。

 

まずは魅力的な商品ページを作るところからスタートしたい人はこちら

 

 

☆大阪で勉強会を開催しています!参加無料!
「たった90分で1000個完売したお店」勉強会

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です