何があるとお客様はあなたのお店の前で立ち止まるのか?

奈良のネットショップコンサルの森です。

 

先日、大阪で開催された高橋先生のセミナーでは参加者の方と「名刺交換」をさせていただきました。

その中で目を引く名刺があり、その事について僕は熱心に聞いたんです。「この名刺はどうやって作ったんですか?」「誰に頼んだんですか?」

そんな風に。

自分の中で気になったんでしょうね。印象に残った名刺だったんです。

自宅サロンの整理収納 難波英津子さんの名刺

自宅サロンの整理収納 難波英津子さんの名刺

難波さんのブログはこちら

写真ではわかりずらいですが、用紙がキラキラしていて受け取った瞬間に「えっ?」と思いました。

 

話は変わりますが

ネットショップであろうと、WEBサイトであろうと、アナログのチラシであろうと、そもそもお客様が目を止めてくれる必要があります。

「えっ?」と思う瞬間です。

その瞬間はいろんな場合に訪れます。

「他とは違う・変っている」

「見たことが無い」

「美しい・きれい」

「安い・お得」

「探していた」

などなど。どれも一瞬立ち止まってしまう要素となります。

これらはネットショップでどのようにすれば表現できるんでしょうね?

ポイントは「写真とキャッチコピーの組み合わせ」です。

 

この、写真とキャッチコピーの組み合わせによるサムネイルづくりの重要性は、Youtube動画でもよく見かけます。

動画を見てもらうためには最初に目にする「サムネイル画像」が大きく影響しますから、有名なユーチューバーも例外なく写真とキャッチコピーの組み合わせでクリック率を高めているんです。

 

もうおわかりのように

「写真とキャッチコピー」を学ぶと「クリック率」が大きく変わります。

つまり、アクセス数に直結するという事です。

 

アクセス数に直結する「サムネイル画像」の作り方を学び、夏に向けて売上アップを希望の方はこちら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です