あなたが話すより、ほかの人に話してもらった方が伝わる

聞かれてもいないのに人に教えようとすると、人によっては「おせっかい」ととる人がいます。

それはそう受け取る人がいけないのではないんです。

聞いてもいないのに話をする人に問題があります。

同じことを言ったとしても、その人に近い人が言えば感謝されたかもしれません。と言う事はあなたが言うべきでは無かったと言う事ですになります。

 

ネットショップの場合も同じような事があります。

商品の情報を書くのは当然必要な事です。情報を書かないと伝わりませんからね。

 

ただし、あなたが言うべきではない事もあります。

商品の良さを言えば言うほど「本当かな?」と疑問を持つ人もいるからです。

そんな時はやはり「お客様の声」が必要になります。

 

お客様にどんどん商品の事を話してもらいましょう!

 

今の時代は「SNS」というツールがありますから、お店でのレビューの他にFacebookやTwitter、インスタグラムなどで紹介してくれる事は凄く大事になってきます。

 

そういった「人からの賞賛」が増えてくると、自分が言っても喜んで受け取ってくれるようになっていきます。

それまでは、自分以外の人に話してもらった方が受け取ってもらいやすい。

 

身内の人であってもSNSをやっている人がいたら紹介してもらうとイイですね。

でも案外リアルで付き合いのある人ではネットに詳しい人が少ないんですよねぇ。。。地道にお客様を増やしていくのが近道かも知れませんね。

 

では頑張っていきましょう!

IMG_0240

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です