色褪せたポップは今すぐ貼りかえよう!

たまに買い物でこんな光景を目にしませんか?

 

商品にはそれぞれポップが貼ってあって短い言葉が書いてある。

「当店人気No1」

「創業■■年○○名物××」

ポップが貼ってあるってことは、やっぱりその商品を売りたいんだと思うし、お客様の目もそこにいくわけですね。

でも、よく見るとそのポップが「色褪せて」いる。

食べ物だと商品には賞味期限があるので、古い商品が並んでいる訳が無いんだけど、この商品自体が古いものに思えてきてそそくさとお店を出る。

 

まぁ、これに近いようなことは皆さんも体験しているんじゃないかと思います。

お土産にほこりが被っていたりね。

 

インターネットのショップで

「色があせる」とか

「ほこりが被る」とか

そんな事は無いと思いますよねぇ。

見かけ上は。

 

でもネットショップでもそれがわかってしまうし、それによって影響が出る事もある。

 

「検索ロボット」にはばれてしまう

検索してみるとわかりますが、情報の優先度には「新しさ」と「質」や「量」などの要因が絡み合っています。

同じ質の情報なら「新しさ」が有利になります。

色褪せた情報、ほこりが被った情報は、読まれる前にロボットが後回しにしてしまいますから、人目に触れる機会が減ってしまうんですね。

 

デザインには「旬」があります

ページを見て「明らかに古い」と感じるお店があります。

デジタルだから「色」はあせたりしません。

でも「デザイン」は年月が経つとどんどん古くなる。

もちろん良いものは良いという考えもありますが、インターネットの世界では移り変わるスピードが速いために、ついこの間新しかったことも古く感じるものです。

レイアウトやフォントの大きさだけを取っても違いを感じます。

僕は文字の小さなサイトは見る気がしなくなってきましたからね。(これは歳のせいかな?(;^_^A)

 

せっかく高いお金を出して作ったものかもしれません。

一生懸命勉強して出来上がったものかもしれない。

でも、作ってからずっとそのままにしておくのは良くないです。

 

文章なら、もう一度読み返して書き換えてみましょう。

写真なら、今のカメラで撮りなおしてみましょう。

フォントサイズを少し大きくしてみましょう。

 

たったそれだけでも、お客様の気持ちは全然違います。

さらに検索ロボットにも見つけやすくなるかもしれない。

 

時間がある時には是非「ページの更新」をやってください。

ほったらかしでも売れる!と言ったキャッチコピーもありましたが

ネットショップはほったらかしでは売れません。

 

頑張りましょう!

IMG_0707

【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?(今月残り1名様)
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です