SALE前の買い控え対策はどうするか?

shutterstock_1086809991こんにちは。森です。

今月も12日から「楽天買物マラソン」が始まります。
毎月何かしらのSALEがあるので、その期間は売上が上がるお店も多いでしょう。
ただ、一方で困るのがその直前に起こる「買い控え現象」ですよね。

順調だった売上がガタンと下がって何故かな?って考えたら数日後にセールが始まる。
今月もそろそろ売上に影響が出ているはずです。

結局そう考えると、通してして考えてみたら平均の売上は変わらないのでは?
なんて思ってしまいますよね。
それでもSALE期間はやはり売れますから、それはそれで有りがたかったりするのですが(笑)

この買い控え期間の対策として考えられるのは2つ。

1:買い控え期間中の売上を上げる。
2:SALE期間の売上をさらに上げる。

1は買い控え期間にお得な情報や買ってもらえる対策を考え、売上の減少を補う考え方。
2はそもそも買い控えは起こるものと考え、売上が伸びるSALE期間の売上アップに集注する考え方。

どちらも成功すれば全体の売上のアップに繋がりますので考えた方がいいし、もちろん両方やればさらに売上に反映します。

両方の期間でキャンペーンなどを考える場合はどうするか?
僕の答えはこうです。

<1:お客様の絶対数が少ないお店の対策>

CPC広告などで自分で決めた一定の期間のSALEに誘導します。
まだまだ少ないアクセスを何とか集める努力をするのです。
そしてポイント変倍やクーポンなどを組み合わせてお得感をあおり転換率を上げます。

<2:そこそこお客様数が増えているお店の対策>

メールマガジンによる対策が必須です。
すでに買ってくれたお客様優先の情報を発信します。
作戦は同様にポイント変倍が効きます。
高額商品のポイント変倍は一気にポイントを稼ぐチャンスなので常連様の心が動くのです。

詳しいやり方は個別にご相談下さい。
→相談はこちら

もちろん、昨日の記事で書いた「基本」が出来ていないお店はまずそこからです!
→昨日の記事はこちらからどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です