人との関わりを持つと上手くいく法則

上手くいっている人は人と関わっている

「元気」は人との「関わり」から

自分のまわりを見てみて思う事があります。

上手くいっていない人は「孤独」な人が多いと言う事。

気が付くと、一日家族以外の誰とも話していなかったり、いつも会う人が決まっていたりして変化がありません。

反対に、上手くいっている人は「多くの人と関わっている」と言う事です。

いつも自分で動いて人と会い、自分から話をしたりして、たくさんの人とコミュニケーションを取っているように見えます。

もちろん仕事の内容にもよるんですが、フェイスブックやブログで人の記事を見ていると、「人と関わっている」頻度が多い人ほど「元気」に見えます。そして「上手くいっている」ように見えるんです。

比べてみると、なぜか一人でいる人はあまり元気が無いように見えるから不思議ですね。

なぜ関わるとうまくいくのか

人と関わって話をするようになると、一人でいるのと比べて行動に変化が出ます。これは「スイッチ」のようなものだと思います。

もし誰かに「これをやろうと思っている」と話をしたとします。

そうすると、次に会ったときに「あれどうなった?」と聞かれますよね。誰かと関わり、話す事で自分がやることについて「チェック」が入りますから会う前にはやっておく必要があります。

また、刺激を受けるとアイデアが湧いてくると言う事があります。

自分一人で考えている時よりも、誰かと会話をしているときの方が圧倒的にアイデアがたくさん湧いてきます。相手の言葉が刺激になったり、自分で考えていたことがよみがえってきたりしてどんどん活性化されていくような感覚になります。

人との関わりが苦手だと思ったら

せっかく関わりを持ったのに、突然いなくなってしまう人がいます。

タイプ的には「受け身」の人です。

一緒に何かをやると、決まって押し付けられる。言い出した本人は何もせず、結果的にこちらが悪者にされる。そういうのがとても嫌で関わりを持ちたくなくなる。そんな気持ちもわかります。

ただ、それでこれまでうまくいかなかったとしたら、ちょっと変えてみるのも一つの方法だと思います。

もし自分は受け身だから個人的な関係で関わりを持知たくないという人は、多くの人が参加する場所へ、例えばセミナーや勉強会に参加するといった方法が良いかも知れませんね。

コミュニケーションで自分にスイッチを入れよう!

人との関わりを作る事が重要だと言う事が伝わったでしょうか?

日々悶々と過ごしているのなら、何かしら元気になるスイッチを探した方が良いですよね。人と関わってコミュニケーションを取ると言う事がそのスイッチになるように思います。

もし一人で毎日変化の無い毎日を過ごしている。何か変化が必要だ。そんな風に思っている人は人との関わりを増やしてみてはどうでしょう。

もしよかったら、フェイスブックで僕に「友達申請」してみてください。

小さなスイッチにでもなれたら嬉しく思います。

それでは!

森よしあきのフェイスブックはこちらからどうぞ!

ファイル 2017-11-09 12 03 53

 

 

【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?(今月残り1名様)
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です