夏のネットショップ対策10選!

夏が暑いのは当たり前です。

でも、

それでも、

やっぱり言わざるを得ない。

「今日はめちゃくちゃ蒸し暑い!」

これだけ蒸し暑いと体力を奪われます。

僕だけですか?

夏には弱いんですよ。ホント。

でもね、何とか乗り切る対策は立てています。

それは

やっぱり食べ物ですね。

栄養のあるモノをしっかり食べる。

足りない場合もサプリメントに頼らずに食べ物から摂りたいですね。

あと大事なのは睡眠です。

僕は先日のワールドカップ日本対セネガルを観ただけでも寝不足になりしんどかった。

いよいよ明後日かぁ。

寝不足はこれを最後にします。

以上、ごく普通の夏対策でした~!

※あ、ベスト16になればまだやるんだった(^^;)

 

さてブログです。

 

この夏、前年より売り上げを何とか上げるために!

今は6月です。

7月まではまだましかもしれませんが

8月はどのお店も売上が下がります。

毎年の事なので、それはそれで普通なのですが、やっぱり前年度よりも高い数字を残したいと思っているお店も多いでしょう。

そこで、

僕が考える、この夏に売るための方法を「10個」抜粋して書いてみます。

8月に目標を定めるので本当は3か月前からやった方がよかったのですが、今からでもやってみましょう!

 

この夏に売るための方法「10選」

1:自分の顔を出してみよう!

すでに顔を出してやっているお店もあると思いますが、僕が見たところではまだまだ足りません!

アパレル系なんかだと、キレイに見せる事ばかりに気を取られてしまって、独自の情報発信とかはまだまだ出来ていないお店が多いですよね。

常識的に考えると違うかもしれませんが、そういうこだわりが伸びない理由だと僕は思います。

2:検索される商品タイトルにする!

楽天市場ではこれから「短い商品タイトル」が検索上位になるかもしれないという話があります。これはこれから検証していきますが、それでも「検索されるタイトル」は考えるべきです。

「領収書 模様付き」→「可愛い領収書」

これで店内人気ナンバーワンの雑貨屋さんがあります。ちょっとした事なんですね。

3:欲しくなる写真を掲載する!

お客様にとって魅力的に映る写真があります。例えば商品だけをぽつんと写すのではなく、日常で使っているかのような写真にしてみたり、背景に映るものを変えてみたり。

商品だけを伝えるのではなく、買った後のイメージを伝える。そんな写真を使ってみましょう。

僕が自宅の玄関に置いて撮影しました。余計なものを写さない事も技術ですが、お客様に想像させることも技術ですね。

4:自分で買って使ったような商品説明文を書く!

カタログの説明文をそのまま入れても他店と何も変わりません。そして、それはお客様に何も伝わらないものになってしまいます。

それが自分が使ってみると全く異なった文章が書けるようになります。もっと言うと、気を付けないといけない部分や、マイナスポイントもわかり、お客様に注意喚起する事が出来る。

それが結構お客様の気を引いたりするものです。

5:回遊性をアップさせ滞在時間を伸ばそう

商品ページにやってきたお客様が、その商品はもう一つ気に入らない。そんな時に次はどこへ行こうとするでしょう。ページ内に他の商品があればクリックするかもしれませんが、何もなければ他所のお店へ行ってしまい二度と来てくれません。

その商品ページから、さらに似た商品や人気商品を見せるレイアウトにしましょう。

お客様がお店の中で検討してくれて転換率と客単価のアップに繋がりますよ!

6:事例、レビューをよりリアルに!

お客様の声は必須です。楽天市場のレビューも重要です。でもそれを敢えてもっと見せる工夫をしましょう。動画で見せる事もアリです。映画のCMなんかはヤラセであっても映像でお客様が感想を言っています。他のお店がやらない事もやってみては?

7:売れているニオイを出していこう!

いわゆる「行列」があるとお客様は並びたくなるものです。ネットショップではランキングやリアルタイム注文状況などがそれです。「賑わいシステム」と言われるツールで売れてる感を出す事ができます。見た目がガラッと変わると思いますよ!

8:ブログを書こう

お店の理念や、店長が日々思ったり感じたりすることを発信しましょう。そんなの誰も読まないと思っているでしょう?これは勘違いです。逆に、ブログからお店に訪問する仕組みも作る事ができます。これをやるとファンが増えやすいです。売れていないお店はやっていなかったり、やめたりする傾向にあると思います。

9:SNSでの発信を続ける

これもブログと同じような事が言えます。そしてこれを「お客様が発信してくれる」ようになれば「情報が伝播」して、お客さが宣伝してくれるようになります。これは本当にどのお店もまだまだ出来ていません。今目指すとこの夏は無理でも来年の夏には影響が出ると思います。

10:人と違う事を考えて実行する

何事もそうですが、人と同じ事をやっていてはなかなか浮き上げっていきません。ネットショップも同じです。今までと同じ事をやっていては売り上げも同じか、下がっていくのは当たり前の事です。

上記の9つは大体他のお店もやっています。でもそれは最低限やってもらいたい事です。そしてさらに、誰もやっていない事を考えておく事。それを実行してみる事ですね。その為に失敗をたくさんする事も必要かもしれません。

失敗を恐れていると変化はありません。だから、自分は出来ないとか、忙しいからとか、そういう言い訳をやめる事がスタートになりますね!

 

まとめると

最終的には「やるべき事をきっちりやれば売れる」と言う事ですね。

だって、上に書いたことは「夏」だけじゃなくていつも僕が言っている事。

でもやらないから「この夏はやりましょう!」って事です。

夏関係ないやん!って怒らないでね!(^-^;

 

上にも書いてますが、そうする事で「この夏」は間に合わなくても「来年の夏」は業績が上がっている。そんな風に思います。

これからドンドン暑くなります。

皆さん大変ですが、気分良く夏を乗り切れるようになるために実行してみてください。

僕も協力しますよ!

 

あ、追加です。

11:スマホ対策は必須

人間、ダラダラしていても楽しい事はやります。スマホはいつも手放さず見ています。スマホからの売り上げはもっと伸びていきます。もっともっと真剣に対策していく必要があります。

売れているサイトを研究しましょう。やれば効果があるはずですよ!

 

※無料コンサルやってます!

どんなものなのか?一度やってみなきゃわからないですよね!
売上が少なかったりで支払いが不安な方もこちらへどうぞ(^^)/

 

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です