ネットショップは「販売しているモノ」だけが商品ではない

久しぶりに疲れています。

疲れた表情に見えます?いや、絶好調です!!(^^)/

あー、言っちゃったね。

あまり言わない方がいいんですよね。

ネガティブな事は

疲れていても

「めっちゃ元気でーす!!」

と言った方が元気が出てくる気がするし

調子が良くなくても

「絶好調ですー!!」

って言ってた方が周りにもスゴイと思われる。

 

言霊ってあるんですよね。

これね、不思議なものでブログでも同じなんです。

こうやって

「元気」とか「絶好調」とか

文字で書いているだけでも調子よくなってくる。

今、本当に今そんな感じです。

良かったら試してみてください!

 

さてブログです。

 

自分のお店で売っている商品は何かを考える

ネットショップのデザインも「商品の一部」なんですよねー。

よく言われる事ですが

僕の様に「個人事業主」というのは

自分自身が商品である

なんて聞いた事があると思います。

特に「形のないもの」を売っている場合はなおさらで

そのサービスを受けてみないと分からないかったり

良いかどうかを判断する材料が手に取って見れないような

そんな商品を扱っていれば、

多かれ少なかれ、いや、かなりの確率で

自分と言う人を見られることになります。

 

ネットショップではどうでしょう?

形のあるモノもあれば、形はあっても届くまで「品質」がわからない商品も少なくありませんね。

いつも言っている事ですが

その中でお客様に買ってもらうために

「お客様の声」だったり

「キレイな写真」だったり

「数値的な補償」だったり

色んなことで

「この商品は間違いない」という装飾をしていく事になります。

 

僕などは

「ショップサイトの見た目」だったり

「店長やスタッフの笑顔」なんかも

買う理由の一つになっている事があります。

 

そうなると、売っているものは何かと言うと

値段が付いた商品そのものだけでは無いと言う事になります。

 

「そんな事は常識だろ!とっくにわかっているわ!」

って言ったそこのあなた。

え~っっ!!

ホントにわかってますかぁ?

 

実店舗なら、商品棚はもちろん、トイレもキレイにするのが基本です。

ネットショップもそうです。

サイト内で見えている部分は全て商品だと言えます。

お金をかけなくても出来る事はたくさんあります。

 

リンク切れのチェックをしましょう。

誤字脱字が無いか誰かに見てもらいましょう。

購入しやすい流れを説明しましょう。

住所や電話番号を隠さずきちんと見せましょう。

商品代金以外の料金もしっかり表記しましょう。

 

ごまかしたり

不親切だったり

リンクが切れていたり

そういう細かい所でもお客様は「大丈夫かな?」と思ってしまいます。

商品が良いから売れる

もうそんな感覚で売れるような時代じゃないですよね。

 

商品やお店は「あなたの分身」と言っても良いのですから

自分が商品である僕も

ネットショップの皆さんも

同じ感覚であると言えるかもしれませんね。

 

楽天スーパーセールは6/14からです!

頑張りましょう!

 

※無料コンサルやってます!

どんなものなのか?一度やってみなきゃわからないですよね!
売上が少なかったりで支払いが不安な方もこちらへどうぞ(^^)/

 

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です