ワードプレスの見た目をそのまま「超簡単」に印刷する方法

最近、ちょっと気分が優れない日々を送っています。

嫌な事があったからです。

もちろん仕事での事。

 

そんな時はどうするのか。

憂さ晴らしで酒を飲むのか。

何かに八つ当たりをするのか。

 

違います。

思い出すのです。

絶好調だった時のことを。

 

嫌な事など吹き飛ばし、次の仕事にまい進する。

その力、パワーが嫌な事を忘れさせてくれます。

今から思い切り仕事をします。

そして良い年を迎えますよ~!!(≧◇≦)

 

さて、ブログです。

 

ワードプレスの見た目をそのまま「超簡単」に印刷する方法

ワードプレスって凄く便利ですよね。

見た目も様々なテーマを使う事でスッキリ今風なデザインで僕も使っています!

さて、そのワードプレス

一つ不便な点があり、僕がワードプレスで作ったサイトを納品した顧客から問い合わせがありました。

 

「見た目通りに印刷できないんですけど何か方法はありませんか?」

 

全頁を印刷して本部に提出しなければならないそうです。

僕も以前印刷しようとして、それを認識していたので仰ることは理解しました。

そして僕はこう答えました。

「わかりました。画面をキャプチャーしましょう。全頁をキャプチャーして送りますので少し時間をください」

そしてやり方を調べた結果、簡単にキャプチャする事に成功しました。

以下はそのやり方です。

※google chromeをお使いの方だけ参考にしてください。

 

Full Page Screen Capture をゲットしよう!

Full Page Screen Capture を検索してゲットしてください

まずgoogleで検索しましょう。

「Full Page Screen Capture」と打ち込んでGO!

ページを確認したら右上の「chromeに追加」をクリック。

すると「機能拡張に追加しますか?」と聞かれますから「追加する」ボタンを押しましょう。

 

ページ上にカメラのマークが出ます。

右上のカメラマークをクリック

カメラのマークをクリックするとページをキャプチャされます。

別のタブでキャプチャページが開いたら右上のメニューから「PDF」もしくは「PNG」でダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルを印刷!

これでページをそのまま印刷する事ができます。

ワードプレスの印刷でお困りの方は是非試してみてください。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

 

お試しコンサルのご案内

「あなたは年末を家族で笑って過ごせますか?」
皆さんのお店の売上アップをお手伝いし、家族に笑顔を取り戻しましょう!

森です!五十肩ですが頑張ってます!笑

コンサルティングってどんなものなのか?
一度やってみなきゃわからないですよね!

売上が少なくてコンサルが申し込めない。そんな人も「お試し」なら大丈夫(^^

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です